復縁を諦めないで!方法を間違えると死ぬまで会えなくなってしまうかもしれません。

大好きだったあの人…

本当はまだ好きなのに…

失ってからはじめて大切さを知った…

いろいろな想いがあって、”あの人”と復縁したい!

そう考えているあなたは一度、冷静になってください。方法を間違えると、復縁どころか、もしかしたらもう死ぬまで、会うことができなくなるかもしれません。

復縁は難しい…何も考えずに動くと逆効果です。

大好きなあの人と復縁したい。周りの友達に相談しても、「やめておいたほうがいい」と言われるけども、絶対に諦めたくない!なぜなら、私にとって”あの人”は、全てを捧げた人だから。

大好きなあの人を想う気持ちは自分にしかわからないもので、他人にはなかなか理解されにくいものです。
だから、いくら周りに反対されようとも、どうしても復縁したいあなたの気持ち、わかります。
私も過去に本当に大好きだった人から振られてしまい、復縁を試みました。
ですが結果は失敗に終わり、今ではもう、連絡をとることすら許されません。

だから私は後悔しています。

もしかしたら、あのとき、ちゃんと考えて動いていれば、こんなことにはならなかったのかもしれません。
人は失恋したとき、あの人とよりを戻そうとして、ついつい、LINEを大量に送ってしまったり、何度も電話してしまったり…自分の気持ちをどうしてもわかってほしいから、それを伝えようと何度も何度も、あの人と接触しようとしてしまいます。
ですが、それは逆効果になることが多いです。

なぜなら、あなたの愛するあの人も人間で、感情があるからです。

スポンサードリンク

まずは現実を見てください。「なぜ」を考えるより現実を受け入れること。

失恋してしまったとき、「なぜ」が頭の中によぎります。

なぜ、あんなに愛し合っていたのに…
なぜ、急に別れを?…
なぜ、私はまだこんな愛しているのに…

いろいろな「なぜ」が、頭の中で埋め尽くされてしまったとき、人はやはり、本人に聞こうとします。
やっぱり、その「なぜ」の部分は、あの人にしかわからないからです。そこで、大量なLINEや電話をしても、なかなか出てもらえず、さらにネガティブに考えてしまって、もう、どうすることもできない…

まずは一度落ち着いてください。
そして、現実を見てください。

あなたは、今、大好きなあの人と付き合っているわけではないのです。
もう、別れてしまっていて、復縁したいと望んでいるのではありませんか?
もし、本当にあなたが「復縁を諦めない」と考えているならば、まずは、振られたという現実を理解しましょう。

あなたは振られたのです。

大好きなあの人は今、あなたの隣にはいません。
だからこそまずは、辛いでしょうが、別れているという現実をしっかり受けとめてください。

自分の気持ちは、相手に伝わらなければ意味がない。

確かに、あなたの真剣な想いを伝えたら、もしかしたら復縁できるかもしれません。
ですが、一つ忠告です。
復縁できるとしたらそれは、「伝われば」の話です。
あなたの気持ちをちゃんと、相手に伝えることができたなら、可能性はありますが、伝わらなかったら意味がありません。
何回も何回も電話を鳴らし続けて、迷惑をかけて、それで相手がちゃんと話を聞こうと考えるとは思えないでしょ?

「私はあなたのことがこんなに好きなんです」

「今まで私はあなたのためにこんなに尽くしてきた」

「絶対に変わると約束するから、戻ってきてほしい」

など、あなたのその、あの人を想う素敵な気持ちを、どうしても伝えたいと考えるのは普通のことです。
やっぱり、あの人のことが好きだから、自分の気持ちをもう一度ちゃんと伝えて、相手に知ってもらいたい。

あんなに愛し合っていたのだから、あの人があなたのことをそう簡単に完全に嫌いになることはありません。
気持ちを伝えるためにもまずは一度、落ち着きましょう。
自分の気持ちを伝えて、もう一度、やり直したい!
その強い気持ちは大切ですが、まずは一度冷静になって、相手のことを考えましょう。
なぜならやっぱり、あなたのその気持ちは伝わらなければ意味がないのです。

スポンサードリンク

相手のことを想う。相手の立場になって考えること。

では、どのようにあなたの気持ちを伝えればよいのでしょうか。
大切なのは、相手の気持ちになって考えてみることです。

考えてみてください。あなたは過去に、確実にその相手と愛し合っていたんです。
食事したり、外出したり、家でまったりしたり、ひとつひとつの大切な思い出がありますよね。
その過去は、あなただけでなく、別れたあの人も、同じ経験をしているんです。
あなたが復縁を望んでいるその相手も、過去にはあなたと同じ経験をしていて、同じ思い出があって、あなたと同じぐらい大好きだったんです。
そんな、人生を共にしてきたあの人が、別れたいと言っているということは、やっぱり、それなりの理由があるということですよね。
だから、辛いのはあなただけではありません。
あの人も同じように、「別れる」という決断をして、苦しいはずなんです。
相手の立場になって考えてみると分かるはずです。
だから今はそっとしてあげてください。
その間にあなたは、自分を見つめなおしてはいかがでしょうか。

復縁するためにはまず、自分を見つめなおしてください。

復縁するためには、重要なステップがあります。
それは、「自分を見つめなおす」ということです。
そもそもなぜ、別れることになったのでしょうか。
別れたということは、もしかしたら自分に、何かしらの欠点があったからではないでしょうか。
あなたに何かしらの欠点があったとして、そのまま仮に復縁できたとしても、また同じことを繰り返してしまうだけです。
だからまずは、自分に何かしらの原因があるのではないかと考えてみてください。
それに、相手の立場になって考えてみたら、今までと同じより、この失恋を通して、良い方向に変わったあなたを見せたほうが、あなたの印象も良くなるはずです。
では、どのように自分を見つめなおせばよいのでしょうか。
その方法をいくつかご紹介いたします。

あの人が言った、ささいな言葉を思い返す

あの人にとって、あなたの嫌だったところは、何かしらの言葉でアピールしているものです。それは、直接的な表現でもあれば、もしかしたら間接的な言葉かもしれません。会話した内容を思い返してみてください。また、LINEはこんなとき、とても便利で、過去に会話した記録を見返すことができます。どんな些細なことでも構いません。あの人はあなたに「こうなってほしい」とアピールしていませんか?もし、LINEを見てもわからないのであれば、よくデートした場所に行ってみてください。「そういえば、ここでよくケンカしたな」とか、その場に行けば、何かしら思い出すはずです。

あの人が、あなたに伝えたかった言葉を見逃したりしていませんか?

友人に聞いてみる

一番良いのは、元恋人の親しい友達に相談することです。なぜなら、あの人も別れるという結論に至るまで、いろいろな友人に相談している可能性が高いからです。そのとき、どんなことを相談していたのか、もしくは、どんな理由で別れたいと言っていたのか、聞いてみてください。あなたの欠点が明確になるかもしれません。もし、そのような友人に相談することが難しいようであれば、共通の友人に頼んで、本人に聞いてもらうのもいいかもしれません。そのときは、あなたが復縁したいことを話してもらうのではなく、なぜ別れたのか、なにがダメだったのかを聞いてもらうようにしてください。

自問自答を繰り返す

自問自答を繰り返して自分を知る方法です。自問自答の方法は、ある自分が行った行動に対して、「なぜ」や「どうして」を繰り返すことです。別れた原因について「なぜ」を繰り返しても、その答えは、相手が知っているという結論になりますが、自身が起こした行動に関しては、自問自答を繰り返すことで、自分の欠点が見えてくることがあります。なぜなら、自分が起こしたことだからです。下の図を見てください。

例えば、あなたは相手に黙ってPS4を買ったとします。ですが、なぜ黙って買ってしまったのかを考えると、二人で生活していて、将来を考えて節約した生活をしていたから、申し訳ないと感じたからです。ついつい自分の欲求に負けてしまう弱い自分がいることがわかります。一生懸命、あなたのために節約している相手の気持ちを考えると、自分だけPS4を買うなんてことはできません。また、この自問自答を繰り返していくと、「大好きだから」という答えにたどり着きます。そこでよく考えるべきなのは、大好きな彼女や彼氏に対して、自分だけの欲求を満たすためにPS4を買ってしまったという裏切り行為をしてしまった自分の弱さです。この場合、相手を想う気持ちより、自分の欲求が勝ってしまったそのあなたの気持ちの弱さが欠点となります。

スポンサードリンク

自分の欠点だけでなく、良いところも探してみましょう

自分を見つめなおす際、なにも欠点だけ探せばいいのではありません。
自分の良いところも探してみてください。これも同じです。
「あの人は自分のどんなところを好きでいてくれたのだろう」と考えてみてください。
これも、やり方は同じで、

あの人が言った、ささいな言葉を思い返してみたり

友人に聞いてみたり

自問自答を繰り返したり

してください。きっとあなたの良いとこがわかるはずです。
そして、そのあなたの良いところは、きっと、あの人も好きだったに違いないでしょう。

今の状況を整理することが大切です

自分を見つめなおすことができたら、次は今の状況を整理してみましょう。
ちゃんと状況を整理するためにも、やっぱり最初に言ったように、ちゃんと現実を受け入れていることが前提になります。
現実を受け入れたうえで状況を整理してください。
ここでいう状況とは、自分と相手を取り巻く環境のことです。

例えば、今のあなたが入社1年目の新入社員で、相手も1年目の新入社員だとしたら、まだ仕事に慣れておらず、仕事のことで精一杯な状況のはずです。
そんな状況のとき、相手がちゃんと話を聞いてくれるとは思えません。

だから、あなたと、復縁したい相手を取り巻いている状況を整理することはとても大切なことなのです。
もしかしたら復縁するのに何かしらの障害があるかもしれませんから。

ただ、問題なのは、相手を取り巻いている環境です。別れて3日とか、1週間でしたら良いものの、1年や2年が経過していると、おそらく、復縁したいあの人を取り巻いている環境も変わっているはずです。

そこで、相手側の環境を知る方法をいくつかご紹介いたします。
注意すべき点としては、やりすぎないことです。
相手の情報を知りたいからと言って、付きまとったり、待ち伏せしたりすると、ストーカーになってしまう恐れもあります。
復習ですが、大切なことは相手の気持ちを考えることですよ。

SNSを見る

今の世の中、便利になったもので、SNSが相手の状況を知らせてくれます。Facebookやtwitter、InstagramなどのSNSは、今の自分の状況を観覧者に見てもらうためのツールです。なので、SNSは、相手の状況を知るためのよい方法だといえるでしょう

友人に聞く

やっぱり、友人に聞くのも一つの手ですよね。今、あの人はどんな状況で、何をしているのか、それとなく友人に聞いてみたほうが良いでしょう。オススメは、相手と同性の友人、つまり、復縁したい相手が女性なら女性の友人、男性なら男性の友人の方が良いです。特に、相手方と仲良くしている同性の友人ならなおさら良いです。なぜ、同性の方が良いかというと、人の心理的に、同性の方が仲間意識が強いからです。人は心理上、自分と同じような人に共感を覚え、心を開きやすくなります。異性ですと、どうしても性別の壁がありますが、同性ですと、そういった問題がなく、本心を話している可能性が高いからです。こんなとき、あなたのためを想って話してくれる友人に感謝ですね。

探偵に依頼する

SNSを見てもあまりコレといった情もなく、共通の友人もいない場合、最終手段としては探偵に頼むのも一つの手だとは思います。ここで注意すべき点は、決して自分で動かないでください。ご自身で尾行したり、待ち伏せしたりしてしてしまうと、ストーカーとして訴えられる可能性があります。なので、こういうことはプロに頼むのが一番得策です。探偵に頼むとなると費用もかさみますので、なるべく、SNSや友人に聞いて相手の状況を知ることが良いでしょう。

相手の気持ちを探る

自分を見つめなおして、取り巻く環境を整理したら、次は、復縁したい相手の今の気持ちを探りましょう。ですが、これは今までとは違い、本人の気持ちですので、正直、難しいです。なんせ、本人の気持ちは、本人にしかわかりません。本人に聞くことは最終手段にとっておいて、まずは別の方法で考えてみましょう。

友人に聞く

やっぱり、こんなときに頼れるのは友人です。友人に聞いてみて、もちろん、なるべく相手方に近しい友人に聞いてみましょう。今、相手がどう思っているのか、自分のことをどう思っているのか、聞いてみてください。聞く内容としては、相手の気持ちや感情の面です。

過去の記憶からたどっていく

好きだったあの人との思い出はたくさんあるはずです。今のあの人の気持ちを知るために、過去の記憶からたどっていくのも一つの手段です。

例えば、「確かあのとき、あの人はあんなことを言っていたな」とか、「あの人はあんなところがあるからな」とか、そんなことを思い出してください。人の根本はそうそう変わるものではありません。別れた後、価値観考え方が変わっていたとしても、その根本であるその人本来の人間性は、数年で変わることはなかなかありません。あなたが好きだったあの人の根本に根付く人間性の部分を、過去の思い出や会話の内容から思い返してみてください。そこから、今のあの人の気持ちを予想することもできるでしょう。

スポンサードリンク

最終手段、本人に聞く。

本人に聞くのは最終手段です。ですが、本人に聞くことが一番、確実なのも確かです。
本人に聞くことがまだ、簡単にできる状況なら良いですが、復縁を望んでいる今のあなたの状況は、そう簡単に本人に聞くことができないことが多いはずです。
なので、本人に聞く前に一度、今までの情報を整理してみましょう。下の図を見てください。

今の現状としてはこんな感じです。こんな感じで表にして情報を整理することをオススメします。
今の現状として、自分を見つめなおし、「良いところと悪いところ」を整理しました。また、自分と相手を取り巻いている環境も整理しました。ですが、肝心の相手の気持ちがわからない状態です。相手の気持ちが友人に聞いてもわからないし、過去の記憶をたどってもどうしてもわからないとき、本人に聞くという選択肢をとりますが、注意点がいくつかあります。

今の時期で大丈夫??

相手の環境を整理した際、相手の環境が話すタイミング的にあまりよろしくない状況のとき、聞くことはやめておいた方が良いでしょう。相手の立場になって考えれば、例えば、とても忙しい状況の中でいろいろ整理がついていないとき、相手にいろいろ聞いてしまったら、さらに追い込みをかけられていると思われるだけです。ちゃんと相手の状況を見てタイミングを見計らいましょう。

聞く手段は?電話?LINE?直接会って?

相手の気持ちを知るために、どんな手段を使って聞くことがベストなのでしょう。経験上、LINEをオススメします。もちろん、LINEがないのでしたら、メールやその他、文章を書いて送る系のものであれば何でも良いです。

相手に文章を書かせるという行為が大切です。

なぜなら、LINEなどで文章を相手に送る際、いろいろ頭で考えて整理しながら文章を打ち込むからです。文章を書くという行為は、自分で気づかないうちに、頭の中を整理しているのです。相手の気持ちを知るうえで、まずは相手に自分自身を整理してもらうという意味でも、文章でやり取りしたほうがいいです。もし、直接会って話す場合は、喫茶店など、公共の場でお話しすることをオススメします。個室で二人っきりの状況は、感情的に話してしまうからです。せっかく冷静になっていろいろと頭を整理してきたのに、感情的になって全て飛んでしまったら意味がありません。LINEもダメ、直接会って話すのもダメ、電話でしか話せない場合、これもちゃんと感情的にならずに、冷静に情報を整理しながら話すべきです。

これまでの情報をまとめて、復縁の作戦を考えましょう

ここまで整理できました。
これまでやってきた作業は、実はとても大切なことです。

なぜ皆、復縁を失敗するのかというと、感情のまま動いてしまうからです。

相手の気持ちを考えず、自分の気持ちを押しつけて、ついつい感情的に話してしまう…もちろん、失恋したときのあなたの辛さもわかります。
今しかないと考えてしまって、ついつい感情のまま動いてしまう気持ちもわかります。

それではダメなんです。

ですが、ここまで読んでいただいたあなたは、一度、その気持ちを我慢して、ちゃんと冷静になって考えることができたという証拠です。
そして、その冷静になって考えたことは、必ずプラスに働きます。

これまで、大きく、「自分」「環境」「相手」の3つの視点から現状を整理しました。
この情報から考えるべきことは、復縁するための作戦です。作戦は以下のように考えてください。
ポイントはやはり、相手の立場になって考えることです。

いつ実行するのか

時期の問題は大切です。今の相手の状況を考えると、今、復縁の話を持ちかけるべきではないかもしれませんし、今、話すべきかもしれません。一度、冷却期間を置くことも大切です。多くの復縁したカップルは、一度、お互いの気持ちを整理するために、冷却期間をはさんでいることも事実です。ちゃんと、相手の状況を考えてください。

どこで実行するのか

場所も大切です。二人の思い出の場所で話したほうが良いかもしれませんし、感情的にならないために喫茶店などの公共の場が良いかもしれません。また、じっくり他人も目を気にせず話すために、二人っきりの場が良いかもしれません。復縁して幸せになることをイメージしながら考えましょう。

なにを話すか

話す内容も重要です。自分の良いところを押していくのか、それとも、自分の欠点を反省して、次から直していくことを約束するのか、またはその両方なのか。相手がなぜ、別れを持ち出したのか考えるとわかりやすいです。

どのように実行するのか

単に話すだけでは復縁できないこともあります。例えば、何かしらのプレゼントを用意するとか、友人に仲介してもらって話してもらうとか、状況によって異なります。一番良い手段を選びましょう。

なぜ実行するのか

目的の部分です。目的は復縁ですか?いえ、復縁した後も、今後、同じことを繰り返さないことも大切です。復縁の方法と加えて、その後のことも考えましょう。

スポンサードリンク

引き際を決めておいてください。

復縁作戦を実行するにあたり、引き際を決めておくのも大切です。
引き際を決めておかなければ、ずるずる時間だけが長引いてしまい、最終的には、ストーカー行為までに発展する可能性も少なくはありません。
「あと一回、ちゃんと話してみて、もし無理だったら諦めよう」とか、そんな引き際を決めておくことで、相手に不快な気持ちを与えずにすみます。

相手に完全に嫌われたら終わりです。

多くの場合、引き際を決めず、しつこく復縁をせまってしまい、相手に恐怖心や不快な気持ちを与えてしまって、完全に嫌われて、着信拒否されたり、LINEをブロックされたりするケースも多いです。
考えてみてください。
相手に嫌われたら、全て終わりです。
復縁どころか、もう、顔を見ることもできなくなってしまいますし、声も聞くこともできなくなります。
もう、死ぬまで関わりが持てなくなってしまうこともあります。
引き際を決めておくことで、復縁までいかないまでも、もしかしたらこれからも友達として関係を継続できるかもしれませんし、何かしらの関わりをを持つことができれば、またチャンスが巡ってくるかもしれません。
もし、完全に嫌われてしまったら、そのチャンスが巡ってくることも完全になくなってしまいます。
引き際を決めることは苦しいですが、大切なことです。

大切なのは、「話を聞いてみたい」と思わせること

もう一つ、大切なことがあります。
それは、相手に「話を聞いてみたい」と思わせることです。
過去に二人が愛し合っていたことは事実で、そんな人との別れは、振る方も振られる方も辛いに決まっています。
それに、あなたがモヤモヤしているのと同じように、相手もモヤモヤしています。
だからこそ、おそらく相手も本心では、「あなたの話をもう一度ちゃんと聞いてみたい」と考えています。
それを何かしらの状況の壁などの障害があって、その気持ちをシャットアウトしています。

相手に「話を聞いてみたい」と思ってもらうために有効な手段は、相手のことを理解したいとアピールすることです。

「私は、あなたのことをもっと知りたい」と伝えることで、相手からすれば、「私から振ったのに、あの人は私のことを考えてくれている」と感じるはずです。

もし、ご自身でアピールすることが困難なのであれば、友人に頼んで、あなたの気持ちを代弁してもらうことも有効です。
人は、思いを直接聞くより、「あの人があなたのことをこんなふに言ってたよ」と、間接的に聞く方が印象に残りやすいものです。
そうすると、もう一度、あなたと話したいって思ってくれるはずです。

復縁を諦めないことの大切さ

復縁の方法について説明してきましたが、やっぱり、大切なことは、あなたのその「復縁を諦めない」気持ちそのものです。
それほど、好きで愛しているんですね。
その気持ちはとても素敵なもので、私は美しいと感じます。
その強い気持ちを決して忘れないでください。そして、そのあなたの気持ちは、方法さえ間違わなければ、相手に必ず届きます。
なぜなら、一度はあなたの気持ちが届いて付き合うことができた二人ですから。
もう一度、ちゃんと相手に気持ちを伝えて、あの幸せな日々を今度は絶対に失わないようにしましょう。
私は、その場任せで感情的に動いてしまって、方法と手順を間違ってしまったばっかりに、もう、二度と連絡をとることができなくなりましたその辛さや苦しみはとてつもないものです。
だからこそ、あなたには復縁を成功してほしいですし、復縁した後も、今度は失敗してほしくありません。

あなたの復縁の成功を心から願っています。

この記事を読んだ人は以下の記事もチェックしています;

【元彼と復縁する方法】あの人の心をギュッと掴む4つの行動と復縁方法

2018年10月30日

元彼に誕生日プレゼントをあげて大丈夫??悩んだら読んでください。

2018年6月7日

元彼に新しい彼女ができても復縁できる!?復縁に大切な2つのこと

2018年6月3日

遠距離彼氏と喧嘩したけど仲直りしたい!遠距離で仲直りするための3つのステップ

2018年5月29日

失恋の未練で死ぬほど辛い時に読んでください。失恋が辛い原因と未練を断ち切る方法

2018年5月24日

失恋した遠距離恋愛から私が学んだ、立ち直るために重要なたった1つのこと

2018年5月17日

失恋後に復縁したいけど放置して大丈夫?復縁の鍵は放置期間の過ごし方で決まる!

2018年4月21日

復縁したい人へ。LINE・メールの内容で元カノの心を動かす心理学的3つのポイント

2018年4月21日

3000人以上の失恋相談から生まれた
たった10日で失恋の傷を癒し、復縁を成功に導くメールマガジン

失恋から立ち直った、私のストーリーが漫画になりました。下のボタンをタップで続きが読めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)