失恋した時にLINEはブロックすべき!?心理学から学ぶ上手なLINEの送り方

失恋した時っていろんな感情や想いが押し寄せてきますよね!

特に振られてしまった時ほどその痛みは大きく、あらゆる感情が入り乱れます。

私が以前大失恋を経験した時も「なんで別れることになったんだろう?」「どうすれば良かったの?」「私の何がいけなかったの?」と、自分の気持ちに整理をつけることが中々できませんでした。

そんな時に友人から「LINEの連絡先、消してみたら?」とアドバイスをもらったのですが、「まだ好きなのに、消さなきゃいけないの?」とすごく悩みました。失恋はとても辛く、誰でも経験することだと思うので、私と同じように、元彼のLINEを消すかどうか迷っている人は多いのではないでしょうか?

今回は、私の経験を元に失恋後にLINEは消すべきなのかどうかについて心理学的な観点から考えながら、元カレへのLINEの上手な送り方をお伝えしていこうと思います。

失恋してしまった時の心理状況

大好きだったカレと別れることになってしまった時の痛みって、なんであんなにツラいんでしょうね。大好きであれば、あるほど、失恋した時のショックは大きく、

悲しくて、悔しくて、なのに、部屋で肩を寄せ合って「ずっと一緒だよ」「大好きだよ」と囁きあったことや、「明日の朝ごはん。スーパーで買ってく?コンビニで大丈夫?」なんて話をしながら、駅から家まで手をつないで帰ったことなど、ふとした瞬間に楽しかった思い出が、まるで追突事故を起こしたかのように、どんどん頭の中に流れ込んできます。

あんなに愛し合ったのに、私をフッてこんな想いをさせているあの人が、大好きだったあの人が、今は、少しだけ憎いと思ってしまったり、そんなことを考えてしまっている自分はもっと最低だな、と考えてしまったり・・・・こんなツラい状態から早く抜け出したいと思いますよね。

そんな悩みと苦しみを断ち切るため、相手のLINEをブロック・削除しようと考える人は多いはずです。連絡する手段を絶ってしまえば、失恋の痛みから、自分を強制的に立ち直らせるきっかけになりそうですし、「忘れちゃいなよ!」「前を向かないとダメだよ!」とアドバイスをくれる友人だって多いと思います。

けど、本当にそれで納得できますか?そもそもLINEをブロックして、失恋に見切りをつけることは本当にベストな方法なのでしょうか?

スポンサードリンク

悩んだら、失恋→LINEブロックはダメ!その心理学的理由

結論を言うと、少しでも迷っているなら、LINEはブロックしないほうが良いのです。

LINEをブロックすることが失恋時に有効なのは、相手が心底嫌いになって別れた場合のみなのですが、そもそもそういった人は、悩むことはありません。悩む前にすでにブロックしているからです。

「するべきかな、、、どうかな、、、」と考えている時点で、あなたにとってLINEブロックはベストな方法ではないのです。

臨床心理学者Suzanne Lachmannによると、失恋から立ち直るためには7段階の心のステップが必要とされていて、最初3つのステップであなたは失恋の原因について、思い悩み、もう一度やり直せないかと、復縁の可能性を考える確率が高いのです。

【失恋後に立ち直る時の3つのステップ】

どうして別れることになってしまったのか、何がいけなかったのか

→別れることになってしまった原因を考える

別れた事実を受け入れられず否定する

→あんなに愛し合ったのだから、こんなはずはない、と現状を否定する

復縁したいと迫り、方法を試行錯誤する

→別れた元カレの心を取り戻すために、あらゆる方法を探り、実践しようとする。

 

つまり、勢いでLINEをブロックしてしまった場合も、もっとこうすれば、良かったんじゃないか。新しい自分になって、元カレとやり直したい!と思ってしまうのです。そして連絡の手段がなくなっていると、自分をさらに責めてしまう女性が多いのです。

それに、何かの拍子に元カレがあなたに連絡を試みて、ブロックされている事実を知った場合、男性は案外臆病ですので、それ以上傷つくことを恐れて、もう連絡してこない傾向にあります。LINEブロックは、あなたも気づかないうちにあなたの可能性を潰してしまうことになるのです。失恋して、つらくても、元カレとつながる手段を完全に断つのはやめましょう。

失恋後、LINEはブロックすべき?

なお、Suzanne Lachmannが提唱する7つのステップの残りの4つは

復縁のために努力するが思うようにいかず、意気消沈する

復縁したい理想と、それができない現実に挟まれて怒りが生まれる

何もすることができず、仕方なく失恋という現実を受け止める

気持ちが吹っ切れて、新しい未来に向けて前進する

となっています。

復縁に失敗して、意気消沈するも、時間をかけて現実を受け止めて、立ち直っていく」ということです。

7段階の心の葛藤を乗り越えて、いずれはあなたが感じている失恋の痛みも和らいでいくことが心理学的に証明されているのです。

もちろん、失恋から立ち直るまでの間は、苦しいと感じることもあるかもしれませんが、自分がこの7段階のどこにいるのかを客観的に捉えるだけでも冷静に自分を見ることができるのではないでしょうか。

ただ、この記事を読まれているあなたは

きっとカレのことがまだ好きなのではありませんか?

お互いに愛し合った時間に戻りたいと思っているのではありませんか?

無事に復縁できたらもっと素敵だと思いませんか?

カレとの幸せな時間に戻れるなら、復縁のためにできる努力は全部やりたい、そう思いませんか?

そりゃそうだよ!と思った方、元カレの気持ちを取り戻すため、復縁成功の可能性を少しでもあげるために、早速準備を始めましょう。

スポンサードリンク

失恋してすぐのLINEはNG。まずは待つこと!

復縁に向け、最初にすること。それは待つことです。気持ちが焦っても、すぐにLINEで連絡してはいけません。

男性は、追いかけられるよりも追いかけたい生き物。

追いかけられると「重い・・・・」と感じて、拒否反応を示したり、自分が優位にいると考えたりしてしまい、あなたの存在を軽く考えるようになります。そうなると復縁できる可能性はグッと低くなってしまいます。まずは、待ちましょう。

それに、たとえ、向こうがフッてきた場合でも、男性はあなたに未練が無いという訳ではないのです。相手が、あなたとの失恋について考え、思い出を整理する時間を与えることが必要です。

1〜2ヶ月待つと、カレの中で失恋した恋が美化される

一般的に、男性は別れた相手のことを頭の中で美化する生き物です。

男は自分では気づかないくらいプライドが高い生き物で、たとえ自分からフった場合でも、「自分が付き合った女性はいいオンナだった」と思いたいのです。

また恋愛中はドーパミンという快楽物質が、脳内に分泌されていて、多幸感に包まれていますが、恋が終わるとその分泌がなくなるため、脳が快楽を求め、楽しい思い出を積極的に思い出そうとします。

(思い出すことで、ドーパミンが脳内に分泌されます)

結果、別れた後、一人の時間にフと「あいつ、こんないいところあったよなぁ」と、あなたの長所や、失恋前に過ごした楽しい時間を思い出すのです。まずは、あなたの存在、そして、あなたとの恋が、美しい思い出として整理されるまでグッとこらえて待ちましょう。その間に、準備することがあります。

スポンサードリンク

失恋したあなたを乗り越える!LINEを送る前に女磨きを!

カレの頭の中で、美化されたアナタ。離れている間に思い出すのは、アナタの長所や、楽しい思い出です。ですが、いざLINEで連絡をとったアナタが、そのイメージより劣っていたらどうでしょう? やっぱり、やり直そうとはなりにくいですよね。

LINEで連絡してきたアナタは、カレの頭の中のイメージ通り、いえ、それ以上である必要があります。

失恋を乗り越えて、LINEで復縁を狙うなら、今よりもっとイイ女になりましょう。

そのためのステップを紹介します。

アナタの長所を整理しましょう

失恋前、付き合っているときにカレから言われたアナタのイイところを思い出してください。

「おしゃれ」 「努力家」 「笑顔がかわいい」などなど。ほめられたこと、なんでもOKです。まずは、アナタのセルフイメージを高めてください。

失恋の原因を整理しましょう

続いては、ちょっとつらいですが、「なぜ失恋してしまったのか」その原因について客観的に整理しましょう。カレに直接言われたこと、LINEで言われたことなど、(つらいですが、、、)思い出してみましょう。

たとえば、仕事が忙しい時期に、「会いたい。自分を優先してほしい」といって、困らせてしまった、自分だけを見て欲しくて、友達付き合いなどを束縛してしまった、など。

原因が見えたら、自分の心の中で「もう二度としない!」と誓ってください。

おまじないのようですが、これは、心理学の「執着を手放す」という行為で、以下のような流れになります。

自分がこだわってしまっていたことを客観的に洗い出す

なぜ、自分がこだわってしまっていたのか。

その結果、どんなことになってしまったのか、分析する

自分の心の中で「それをしない!」と宣言する

これで、自分の感情・こだわりと決別することが可能になる心のコントロール法なのです。

失恋の原因になった部分を、乗り越えない限り、復縁は難しいでしょうし、復縁できたとしても、同じ原因で、再び失恋してしまうことになります。

きっちり、原因を振り返り、同じ失敗をしないように、心の整理をしておきましょう。いざLINEでやりとりをしても、別れる原因になった部分が治っていないことが垣間見えると、成功率はグッと下がってしまいます。

整理したイメージを、自分に反映しましょう

いいところ、直さなければいけないところ、整理が終わったら、普段の生活に反映していきましょう!

たとえば、「努力家だね」と褒められたことのある人なら、いま、一生懸命なことにより一層打ち込んでみるといいでしょう。

SNSの投稿も、そういった努力しているところが伝わる内容にするのも一つです。

「笑顔がカワイイ」と褒められたことのある人は、思い切って、より一層笑顔が引き立つ髪型に変えてみるというのもアリだと思います。(ロング→ショートなど)

これはいわゆるゲインロスの効果と言われており、人の持っているイメージをポジティブに変えると魅力的に見えるという心理のことです。見た目はイメージの大部分を占めるため、外見を変えることは、変わったあなたを見せるのに効果的です。

ゲインロス効果

カレの持っているあなたのイメージをポジティブに裏切ることで、自分をより一層魅力的に見せる効果

私生活・SNSへの投稿、普段の発言、全体的に「いいところが引き立ち、直さなければいけないところを乗り越えたあなた」が見えるように努めてください。

さぁ、カレにLINEしましょう!

準備期間をおいて、イイ女になる努力も終わったら、いよいよカレにLINEしましょう。

ただし、以下のポイントに気をつけてください。

復縁を匂わせない

フッた彼女から、突然LINEが来ると、カレは、フッた気まずさも手伝い、かなり警戒します。そんな中で「まだ好きなの。」「もう一度やり直せないかな?」というLINEが来ると「重い」「めんどくさい女」という印象が高まってしまうため、復縁は難しくなってしまいます。

何気ないやりとりから始める

カレにLINEをするときは「久しぶり、元気してる?ちょっとアドバイスしてほしいことあるんだけどさ〜」などの、何気ないやりとりから始めるといいでしょう。

「失恋に未練はない」「すでに乗り越えている」姿勢を見せることで、カレは、失恋させたことでアナタを傷つけてしまった気まずさからも救われ、フラットな気持ちで、やりとりすることができます。

ゼロからやり直す気持ちで、やりとりする

LINEで連絡することに成功しても、焦って恋人に戻ろうとしてはいけません。付き合っていた頃や、恋に関係する話は避けましょう。仕事や勉強の悩み、趣味に関する相談など、友達にするような話題から始めて徐々に関係を取り戻していきましょう。

大切なのは、「気が合う、一緒にいると楽しい」と、相手に思わせることです。復縁は、「向こうから切り出させてやる!」くらいの気持ちで、じっくりと関係を深めていきましょう。

スポンサードリンク

大切なのは、失恋に悔いを残さないこと。

最後に、失恋後、復縁できる可能性というのは、一般的に20%だそうです。

これを高いとみるか、低いとみるかは人それぞれだと思います。

ですが、5人に1人成功できるなら、カレへの想いを無理やり忘れて生きていくより、少しでも成功率を上げる(=もっと素敵な自分になるための努力をする)ほうがずっと素敵だと思います。

自分の気持ちに蓋をしてLINEをブロックしても、もしかしたら残るのは後悔だけかもしれません。

だったら、自分の気持ちに正直に!やれることは、全てやってみてください。

失恋を乗り越える方法は、気持ちを整理して、思い出と決別することだけでは、決してありません。

アナタの幸せを心から願ってます。

 

この記事を読んだ人は以下の記事もチェックしています;

失恋のショックで眠れないあなたへ。睡眠を促す5つの方法

2018年6月11日

失恋のストレスをどうしても解消したいあなたへ!失恋ストレスの原因と解消法!

2018年6月1日

元彼に新しい彼女ができても復縁できる!?復縁に大切な2つのこと

2018年6月3日

3000人以上の失恋相談から生まれた
たった10日で失恋の傷を癒し、復縁を成功に導くメールマガジン

失恋から立ち直った、私のストーリーが漫画になりました。下のボタンをタップで続きが読めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)