失恋のストレスをどうしても解消したいあなたへ!失恋ストレスの原因と解消法!

-愛情に満ち溢れた心には、悲しみもまた多いものである-

(ロシアの小説家、フョードル・ドストエフスキー)

人は失ってから、大切なことに気づくものです。付き合っているときは、”当たり前”の日常だと思っていても、失恋すると、あの人の何気ない声やしぐさが走馬灯のように蘇ってきて、幸せに過ごしてきた確かな過去と、もう、隣にいない今の現実が、頭の中で渦を巻いて、ネガティブな闇へと落ちていきます。
「あんなに愛していたのになぜなの?」
「あの人が私を見捨てるわけがない」
「あんなに尽くしてきたのに、、」
そんな「なぜ」や「どうして」があなたを侵食し、深い苦しみのストレスが津波のように襲い掛かってきます。
失恋というものは、あなたのその、深い愛情に満ちた心が、叶うことのない現実への悲しみから、とてつもない傷を心に負ってしまう病気のようなものなのです。

失恋のストレスを解消できない状態とは

失恋のストレスを解消できない状態とは、現実を受け入れることができていない状態です。
あんなに愛し合っていたのに、、、「別れよう」の言葉は、どうしても、何か裏がありそうで、「もしかしたら何か言えない理由があるのではないか」「あの人がそんなこと言うはずがない」など、「もしかしたら、まだ好きでいてくれているかもしれない」と考えてしまいます。
そんなこと妄想だとわかってはいるけれど、愛し合った過去の記憶がどうしても、別れたという現実を拒んばんでしまいます。

失恋したとき、脳内では、ドーパミンという物質が大量に分泌されていて、あのときの淡い記憶を探し回るかのように、記憶をむさぼりかえして、幸せを欲している状態に陥っています。
例えるなら、麻薬中毒者が、麻薬を打ったときの気持ち良さを欲するがために、中毒症状が出てしまう状態と同じです。
失恋した現実を受け入れることができない現象は、脳内でドーパミンが多量に排出され、幸せだった過去の記憶をむさぼりかえしているからなのです。
本気の失恋をした人なら、誰しも経験します。

心理学ではこれを”執着の心理”と呼びます。
この執着の心理状態のとき、人は、あのときの幸せだった思い出に執着してしまい、なかなか、現実を受け入れることができなくなってしまいます。

スポンサードリンク

執着の心理は重いストレスをもたらす

執着の心理状態のとき、人は、理想と現実のギャップに苦悩します。
例えば、過去に愛し合った日々が幸せだったという過去の事実を理想に掲げているけれど、別れてしまってる現実の食い違いが辛くて、苦しくて、どうにかして、そのギャップを埋めようと必死に自分の気持ちを伝えようとします。

けれど、なかなか伝わらないと思います。
「ずっと好きだよ」という言葉を信じていても、それは過去のことで、今ではあの人は「好き」ではない可能性が高いからです。

私も、2年半ほど失恋を引きずっているのですが、付き合っているときの「ずっと好きだよ」の言葉を信じて、「本当はまだ好きでいてくれているけれど、何か特別な理由があって、仕方なしに別れるという決断をしているに違いない」と考えて、別れた後もずっと、「好きだよ」とか、「悪いところを改めるから戻ってきてほしい」とかいう言葉をあの人に言い続けました。
けれど、私のその想いは、なかなか伝わることがなく、結果、私の好きな人は別の誰かと結婚しました。
私の場合、好きで仕方がないのに、なかなか、自分の気持ちが伝わらないことへのストレスで、うつ病を発症してしまいました。
実は、失恋時の執着の心理状態のとき、人は様々なことでストレスを抱えることになります。

失恋でストレスを抱えてしまう原因は??

ここで、失恋したときに人はなぜ、ストレスを抱えてしまうのか、その原因をいくつかご紹介します。

気持ちが伝わらないことへのストレス

別れた後も納得がいかず、自分の気持ちを伝えてしまう。
そんな経験をしていませんか?
けれど、あなたのその深い愛情は、なかなか相手に伝わらないものです。
付き合っていたときは、「好きだよ」の言葉が何よりの原動力だったのですが、別れたら急にその言葉は相手に伝わらなくなります。
「なんで、私の気持ちが伝わらないの!」
あなたの気持ちが、あの人に伝わらないことは大きなストレスとなります。

思い通りにならないストレス

付き合っているときは私のワガママを聞いてくれていたのに、別れてからは冷たくなってしまった。
付き合っているときは、お互い好きな者同士なので、ワガママを聞いてくれていたり、会いたいと言えば会ってくれていたり、私だけのあの人だったのに、別れてからは急に、他人のようになってしまいます。
その現実格差がストレスを生んでしまう原因になります。

SNSなどで現実を見てしまう

別れてから、あの人のSNSをふとしたときに見てしまって、楽しんでいる姿や異性と一緒にいる写真を見てしまうと、「つい最近までは私だけのあの人だったのに。」というヤキモチや嫉妬が生まれます。
あの人優しさが、自分以外の異性に向けられていることを想像したら、気が狂いそうですよね。
別れた後のSNSはストレスを生んでしまう可能性が高いです。

幸せだった時のことを思い出してしまう

考えないようにはしているけど、一人のときは、付き合っていたときの思い出を思い返してしまいますよね。
幸せなだった日々やあの人の笑顔がしぐさを思い出してしまって、別れたという現実が虚しすぎて、深い悲しみに陥ってしまいます。
その悲しみは気づかないうちにストレスへと変わっていきます。

不安や心配から

別れた後も、あの人のことが心配で、強い不安を抱えてしまう人も増えてきています。
特に女性に多い傾向があるのですが、別れた後も不安から会ってしまって、体の関係を持ってしまい、また、好きになってしまうこともあります。
あの人が自分のことをどう思っているのか不安でストレスを抱えてしまう女性も多いようです。

恨みに変わったとき

失恋のショックが、あの人への恨みに変わってしまったとき、大きなストレスを抱えてしまいます。
例えば、浮気されて別れてしまったときなど、何かしら裏切られて別れてしまったとき、好きの気持ちが恨みに変わってしまうことが多いです。
その恨みを発散できれば良いのですが、発散できないとき、犯罪を犯してしまう原因にもなってしまいます。
恨みによるストレスが一番厄介と言われています。

これらの失恋したときにストレスを抱えてしまう原因は執着の心理、つまり、別れた相手に執着しすぎてしまい、相手との気持ちの不一致から起こることだと言われています。

スポンサードリンク

失恋のストレスは心臓や脳に悪影響を及ぼします。

失恋したとき、ストレスを抱えてこみすぎてしまうと、さまざまな病気に発展してしまう可能性があります。
代表例としては精神病の”うつ病”です。
ですが、失恋は、精神面以外でも、肉体的な衰弱を起こしてしまいます。

人は失恋すると、ストレスによって心臓の一部が肥大し、血液循環に悪影響を及ぼしてしまうことがわかっています。
失恋するとよく、「胸が苦しい」と表現しますが、実はこれは、物理的に心臓が肥大していることが原因だったのです。
このように、人は真剣な恋愛をして、失恋をすると、必ずと言っていいほど、精神と肉体にダメージを蓄積してしまいます。

ただし、それは人により程度が異なります。ポジティブな性格の方はダメージを負っても、立ち直りが早いでしょうし、それほど影響もありませんが、ネガティブ志向の方や物事を深く考えてしまう方などは、そのダメージは着実に蓄積されていき、失恋うつ病ブロークンハート症候群といった病気にまで発展してしまうこともあります。

失恋うつ病

失恋うつ病」という言葉があります。
字のごとく失恋によってうつ病を発症してしまうことですが、決して甘くみてはいけません。

※うつ病とは、気分的な障害による精神疾患です。根本的な原因はまだ解明されていませんが、遺伝子的構造、幼少期のトラウマ、性格、生活環境の変化によって起こることがわかっています。失恋うつ病は、失恋による気分的ダメージにより、精神構造の変化による病気のことです。

失恋直後は脳内にドーパミンという物質が多量に分泌され、あの人のことしか考えることができなくなります。
ドーパミンとは、幸福を感じたときに放出されるもので、麻薬中毒者が麻薬依存してしまう脳内現象と瓜二つの状態です。

そのため、麻薬中毒者が麻薬を探し求めて、犯罪行為をするのと同じように、失恋すると、あの人との幸せだった幸福を追い求めて、ストーカー行為などに発展する場合もあります。
そんな不安定な脳内状態であの人に過大に執着してしまうと、「こんなに愛してるのになんで振り向いてくれないの?」と、ネガティヴな方向でしか考えることができなくなってしまいます。

失恋うつ病に発展した場合、落ち込んだ気分から抜け出すことができなくなり、全てのことに対してやる気を失ってしまいます。
それは、寝ることや食事など、人間にとって生きるために必要なことですら、何もしなくなってしまうこともあります。
身体的な衰弱は、さらに気分的にも落ち込むことになり、最悪の場合、自殺にまで発展することも少なくはありません。

スポンサードリンク

ブロークンハート症候群(たこつぼ心筋症)

ブロークンハート症候群とは、ストレス性心筋症とも言われ、心臓の働きが弱くなり、胸の痛みや息切れ、不整脈などの症状を引き起こす症候群のことをいいます。。

※ブロークンハート症候群は、通常の心筋症や心臓疾患の症状と同じ症状が見られますが、決定的な違いとして、動脈の詰まりが見られないことから、1990年代に「ブロークンハート症候群」と名付けられました。ブロークンハート症候群に陥っている心臓をX線で見ると、左心室が肥大化されており、まるで「たこつぼ」のような形をしていることから、別名、「たこつぼ症候群」とも言われています。

心臓の左心室が大きくなると、筋肉の弾力性が作動しなくなり、正常に全身に血液を送り出すことができなくなってしまいます。
なぜ、心臓が肥大化するのか、その正確な原因はわかっていませんが、有力な説では、カテコラミンという物質の急激な増加により引き起こされると言われています。

※カテコラミンとは、身体が危機に迫ったとき、筋肉への血液量を増やし、心拍数と血圧を上げることで、回避行動をとりやすくするための物質です。

例えば、ボクシング選手がリングに上がるときや、火事場の底力のときなどの場面でカテコラミンは分泌されます。

ブロークンハート症候群は、失恋したときのみではなく、何かしらのトラウマによるストレスによって起こることがわかっています。
失恋はとてつもなく精神的ダメージが大きいもので、それがトラウマになる方も多いと思います。
その大きなトラウマが、ブロークンハート症候群を引き起こす原因に繋がります。

その他失恋によって発症する症状

失恋によるストレスは、精神的、肉体的なダメージを与えてしまいますが、失恋うつ病やブロークンハート症候群とまではいかないまでも、さまざま症状が起こることがあります。そのいくつかをご紹介いたします。

吐き気やめまい

失恋によって吐き気やめまいが起こることは多いです。
特に、食事が喉を通らなくなり、食べたとしても嘔吐してしまうこともあります。
失恋した後に、いつも通り、食事をとることができる人の方が珍しいぐらいです。

激太りや激やせ

失恋をすると、太るか痩せるかどちらかに分かれますが、圧倒的に痩せてしまう方が多いようです。
失恋すると、「もう、何もかも意味がない」と考えてしまって、数日間、食事をしなくても気にしなくなってしまいます。
そうなると、最悪の場合、拒食症や栄養不足などの症状がでてしまうこともあります。
私の友人は、失恋によるストレスで、食事が喉を通らなくなり、体重が25キロまで落ちていました。

また、失恋して太ってしまう方の場合、ホルモンバランスが原因だと言われています。
失恋により過剰にストレスを感じてしまうと、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
コルチゾールは、胃の消化機能に影響を及ぼすことが指摘されており、特にウエスト周りの脂肪がつきやすくなってしまいます。

不眠症

失恋したとき、眠ることができなくなってしまうこともあります。
付き合っていた頃の記憶を思い出してしまうタイミングで一番多いのは、寝る前です。
寝る前に一人でベッドに寝転び、「さあ、寝よう」と考えていても、どうしても、付き合っていた頃の記憶が蘇ってきてしまい、一度考えはじめたら、もう、止まらなくなります。
そうやって、精神的にダメージを蓄積していくと、いずれ、寝る前にネガティブに考えることがクセになってしまい、不眠症へと陥ってしまいます。

肌荒れや抜け毛

身なりはしっかりしないといけないと考えるのが通常の感覚です。ですが、失恋した場合の精神状況は、通常であると考えてはいけません。精神的に何もかもやる気が起こらない状態になると、普段気をつけている身だしなみをしなくなったり、身体的なダメージが肌荒れや抜け毛につながるケースもあります。また、食事が喉を通らなくなったり、不眠症からも肌荒れや抜け毛の原因となることもあります。

スポンサードリンク

心理テスト!失恋でストレス蓄積しやすい度診断

ではここで、失恋したときにストレスを抱えやすいかどうか心理テストをしてみましょう。ストレスを抱えやすいということは、精神的、肉体的にダメージを受けやすいということなので、上記のような症状が現れやすいと言えます。

以下の10項目の質問にYES/NOで答えてみてください

デートのとき、率先してプランを考えていた

頼みごとをされたら断ることができない

周囲からの自分の評価が気になる

完璧主義だと思う

一つのことに集中して取り組める方だ

好きな人に全力で尽してきた

彼氏・彼女とケンカをしたとき最後はガマンしていた

他人と自分を比べてしまう

一生懸命、愛情を注いでいた

友達や周りから付き合うことに反対されていた

以上の10項目のうち、YESの数を数えてみてください

7つ以上 ストレスを過大に蓄積しやすいタイプ

5つ以上 ストレスを溜め込みやすいタイプ

3つ以上 ストレスを感じても時間が解決するタイプ

3つ未満 ストレスを感じても上手に発散できるタイプ

こんな人が失恋してストレスを溜め込みやすい

人は失恋すると必ずストレスを抱えてしまいます。
ですが、そのストレスを上手に発散できるかどうかで、病気になるかどうかが決まります。
失恋のストレスを溜め込んでしまいやすい人は、付き合っていたときに、一途に尽くしてきて、愛情を注ぎ続ける人だと言われています。
上記の心理テストで5つ以上のYESがあった方は注意してください。
失恋のストレスを溜め込んでしまい、いろいろな症状がでてしまう可能性があります。

スポンサードリンク

ストレスを溜め込みやすいことはダメなことではない

失恋したとき、あの人に執着して、現実を受け入れることができなくて、ストレスを感じてしまう。
それは、付き合っていたとき、あなたは、本当に好きで真剣に愛して、真剣に恋愛をしていたからです。
付き合っていたときに、本気だったからこそ、失恋したときのショックは大きく、簡単に現実を受け入れることなんて、できるはずがありません。

もし、簡単に現実を受け入れてすぐに次の恋に進むことができているとするならば、それは、真剣に恋愛をしていなかったのでしょう。

本気で好きで愛していたからこそ、思い出もたくさんあって、一つ一つが深くて、あの人が言った、何気ない一言を別れた後も信じていて、簡単に受け入れることができないのです。
簡単に現実を受け入れることができないということは、ストレスを抱え込みやすいということですが、それは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。
ですが、一人の人を真剣に愛することができる、人間味のある素敵な心を持ったあなただからこそ、そのストレスは乗り越えなくてはならない一つの壁なのかもしれません。

失恋によるストレスを和らげる方法

心構えとして、失恋状態の自分は、精神が不安定なんだということを考えてください。
完璧に理解しなくても大丈夫です。
なんとなく、「あ、今、私は失恋のショックで不安定な状態なんだ」と思うだけでも大丈夫です。

とにかく泣く

一度、嫌というほど、あの人との記憶を思い返してみてください。
自然と涙が出てくると思います。
そしたら思いっきり泣いてください。
中途半端に区切りをつけたらダメです。
これ以上ないというぐらい思い返してみて、これ以上にないというぐらい泣いてみてください。
少し晴れやかな気分になります。

友達に話を聞いてもらう

こんなとき友達って良いものだと感じますよね。
友達に頼んで、愚痴や思い出話しをしてみてください。
友達の前で泣いても構いません。
もし、友達が同じように失恋して辛い気持ちになったとき、今度はあなたが相談にのってあげれば良いのですから。

他人の失恋談を聞く

友人や親などの失恋談を聞いてみてください。
ネットで探しても良いです。いろいろな人の話を聞いてみると、「自分だけじゃないんだ」と感じることができます。

環境を変えてみる

思い切って転職したり、旅行に行ったり、引越ししてみたり、環境を変えることは、気分転換に繋がります。
環境を変えることで、気持ちがリフレッシュされ、「よし、頑張ろう」と思うことができます。

思い出の品を捨てる

思い出の品を捨てることも一つの手なのかもしれません。
ただ、これはなかなかできません。その品一つ一つに大切な思い出があるので、あなたにとってその品は、何よりも価値がある大切な物に違いないからです。
ですが、新たなスタートを切るという意味では、可能なら、思い出の品を捨てて、未練を断ち切るのも良い方法です。

思いっきり遊ぶ

とにかく思いっきり遊ぶことも大切です。
何も考えずに運動したり、カラオケに行ったりと、思いっきり遊んで、ストレスを発散してください。
あの人のことを何も考えない時間をつくることは大切なことです。

仕事に熱中する

仕事に熱中してみてはいかがでしょう?
思い出を思い返してしまうときって、一人になってしまうときですよね。
家に帰ったら疲れてすぐに寝てしまうぐらい仕事に熱中することで、一人になっても考えてしまう時間をつくらないことです。
そのためにあえて、体力的に自身を追い込むことも一つの手だと考えられます。

それでもやはり失恋は時間のみが解決します

それでもやっぱり失恋の傷は時間のみが解決します。
ふとした瞬間に思い出してしまって、辛い気持ちになり、ストレスを感じてしまいます。

「星の数ほど異性はいる」とか、

「何も考えないようにしよう」

などのアドバイスは全く意味がないことも私にはわかっています。
あなたにとって、あの人は、星の数ほどいる異性のなかでも、やっと出会うことができたたった一人の一等星であって、もう、代わりはいません。
また、どうしてもあの人のことを考えてしまう気持ちもわかります。
失恋のストレスを和らげる方法は紹介しましたが、全くゼロの状態にすることは不可能です。

失恋は時間のみが解決します。

できることは、時間が解決してくれるまで、そのストレスを溜め込まないように、和らげていくことぐらいです。

それでも辛く感じてしまうあなたへ

本当の失恋を経験しているあなたならわかると思いますが、、、失恋のストレスというのは、人生において最大レベルのものです。
好きな人に自分の気持ちが伝わらなかったり、冷たい態度をとられてしまったり、そのショックは果てしなく大きいもので、執着すればするほど、自分の気持ちとのギャップを感じてしまって、相応のストレスを抱えてしまうのも事実です。

私も失恋してうつ病を発症してしまい、薬に頼る生活をしていました。
あなたの場合、私と同じように、誰に何を言われようとも、どうしても別れたあの人のことを考えてしまって、辛くて苦しい気持ちになってしまい、大きなストレスを抱えてしまっているのではないかと思います。
友達と遊んでも、他の誰かとデートをしても、なんとなく虚しい気持ちになって、仕事も手につかず、何もやる気が起こらない状態なのではないでしょうか?

ハッキリ言って、あの人との思い出を忘れることはできません。

何年経っても、ふとした瞬間に思い出してしまい、心苦しくなってしまいます。

ですが、前向きに失恋から立ち直ることはできます。
誰しも失恋は辛いものです。おそらく、あなたよりもっと悲惨な失恋をしている方も大勢います。
また、一生、運命の人に出会うことなく死んでいく人もたくさんいます。
あなたは、運命の人と出会えて、一瞬でも、夢のような幸せな日々を過ごすことができたというだけで、とても喜ばしいことなのです。

別れるなら出会わなければ良かったと考えているかもしれません。
ですが、それは違います。
あなたは、あの人から多くのものをもらったと思います。
それは、物ではなく、人としての価値観、人生観、考え方など、言葉では表せないような大切なものを多く受け取っていませんか?
それは、あの人と出会わなければ、得ることのなかったものなのです。
あの人と一緒にいた日々はとても特別なことで、決して、当たり前のことではありません。
あの人のにそばにいたからこそ、あなたは多くのものを得ることができました。

もし、次に新たな出会いがあるのなら、もう、決して、その相手が存在するということは、当たり前のことだと思わず、「一緒にいることができるだけで幸せなんだ」と考えて、一分一秒の特別な時間を大切にしてください。
そのためにも、前向きに頑張ってください。

失恋は、時間のみが解決します。

それが、明日、一週間後、一か月後、一年後、十年後、いつになるかわかりませんが、希望は決して捨てないでください。

あなたが小さな一歩を、少しずつ重ねていけることを、心から応援しています。

————————————-

「君と僕は、合わないんだと思う」

私が大好きだったあの人から別れ際に言われた言葉です。私はこの言葉に、鈍器で心を打ち砕かれたような気持ちになりました。これまで隣にいることが当然だったあの人がいなくなってしまったショックで、私は一時期生きている意味がわからなくなりました。あの人は今、どこで、誰と、何をしているのか。私は何をどうすれば良かったのか。

これまでの全てが、「私」そのものが、何もかもがわからなくなったのです。

何を選び、行動してもあの人は私から逃げていってしまうような気がして、心の中にいる「あの人」は何も答えてはくれないので、私の行動が正しいのかどうかを周りの友人に聞くようになりました。

完全に依存です。

私がどうしたいのか?よりも、あの人はどう思うのか?ということだけを気にして、自分の気持ちを押し殺しながら毎日を必死に生きていました。

でも、この状態ではあの人の鎖はずっと解けないし、失意の底に沈んだまま。失恋の苦しみが癒えることはないし、あの人との関係性を戻すこともできません。失恋の傷は深ければ深いほど、自分を傷つけ、絶望と孤独、そして危機感に近い恐怖を私たちの心に植えつけ、立ち直れなくなってしまいます。

あの人との思い出は全ての光を屈折させ、私の心には届かなくなります。

目に映る全てが美しく見えなくなります。

私の世界から「希望」という名のつくもの全てが消えてしまうのです。

しかし、失恋においては、考え方を変えるだけで心はグッと軽くなります。

どんな人でも失恋から立ち直れるし、女性としての魅力を上げることができる。自分を確立していく過程の中で、あの人との関係性もきっと見えてくる。

そんな、自立した素敵な女性になるためのコミュニティを作りました。

「失恋からもう立ち直りつつあるよ」という方や「もう未練なんてないよ」という人にとっては必要のないものかもしれませんが、「失恋の辛さから一刻も早く立ち直りたい」「あの人の隣で、もう一度歩きたい」と心から願っている人にとっては、背中を押せるものになっています。

3000人が失恋の傷を癒し、あの人との心を橋渡ししたメルマガ「失恋クローバー」へは以下から参加できます。

3000人以上の失恋相談から生まれた
たった10日で失恋の傷を癒し、復縁を成功に導くメールマガジン

失恋から立ち直った、私のストーリーが漫画になりました。下のボタンをタップで続きが読めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)