失恋して立ち直る方法→立ち直ることで失恋がプラスに!心理学と名言集

水槽と落ちこむ女性

失恋したとき、人生終わったような気分になると思います。
失恋で落ち込んでいても、あの人が戻ってくるわけでもないし、辛いだけです。
それなら、失恋から立ち直って人生を楽しみたい。
とはいえ、どうしても、立ち直ることができない…どうしても、好きな人のことを考えてしまう。
その気持ちわかります。
私も、同じでした。失恋は、確かに辛いですが、それでも、前に進まなければ何も始まりません。

失恋から立ち直るための手順

蛍光灯と光

失恋したら、ほとんどの人が3つの手順を踏んで立ち直ります。
ちゃんとした手順を踏めば、晴れた気持ちで前向きに人生を歩むことができます。

失恋したら、人はまず、現実逃避をします。「あの人が私を振るわけがない」といったように。
人は、失恋をしたら、現実逃避をすることで、その辛さから逃れようとします。
ですが、この現実逃避を乗り越えなければ立ち直ることはできません。
まずは、失恋したという現実を受け入れることから始めましょう。
これが、立ち直るための第一歩です。

現実を受け入れたら、その次は、気分をリフレッシュしましょう。
映画を見るのもいいですし、友達と旅行するのもいいですし、仕事に熱中するのもいいですし、とりあえず、思いっきり、やりきることが大切です。

気分が晴れたら、もう一度、振り返りましょう。
私の何がいけなかったのか。
なぜ、好きな人は離れていってしまったのか。
その原因を探ります。
それは、次の恋愛につなげるためです。
なぜ、失恋したのかその原因がわからなければ、もしかしたら次も同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。
立ち直るためにも、振り返りましょう。

失恋した現実を受け入れる

気分をリフレッシュ

失恋を振り返り次に進む

”立ち直る”ことと”忘れる”ことは別物

火花

”立ち直ること”と”忘れる”ことは別物です。
結論から言うと、本当に好きな人との失恋は一生、忘れることができません。
その証拠に、あなたのおばあちゃんやおじいちゃんに失恋した経験があるか聞いてみてください。
誰しも一つや二つの失恋話はあるはずです。
お年寄りの方が忘れられないということは、もう、一生忘れることができないことと同義です。
もし、失恋を完全に忘れてしまったのであれば、それは、そこまで好きではなかったのかもしれません。
そのときは、あの人は運命の人ではなかったと割り切りましょう。
もし、あなたが本当に好きな人との失恋を経験しているのであれば、忘れることはあきらめてください。
ですが、失恋から立ち直って人生を前向きに進むことはできます。
立ち直ることで、次に進みましょう。

執着の心理が失恋から立ち直るブレーキをかけています。

波を蹴る女性

心理学では、失恋しての現実逃避してしまう状態のことを”執着の心理”と言います。
失恋してあの人のことを忘れることができない。
あの人の匂いやしぐさが走馬灯のように脳内をよぎってしまう。
「あんなに愛し合ったのに、あの人が私から離れていってしまうなんて、何かの間違いだ」。
失恋したとき、そんな感情が湧いてしまいます。
あの人との思い出が、幸せすぎて、別れたという現実を受け入れることができない現象は誰しも通る道です。
執着とは、しがみついてしまうという意味です。
つまり、「絶対にあの人はまだ、私のことが好きに違いない!」と、記憶の中から、別れたという現実を覆す何かを探し求め、まだお互いが両想いであるかのように思い込んでしまう心理状態のことですね。
執着の心理状態のとき、別れた現実は何かの間違いだと思い込み、必ずまた復縁すると考えています。
そのような妄想で頭の中がいっぱいのときは、立ち直るどうこうの話ではありません。
執着の心理は、あなたの立ち直るためのプロセスにブレーキをかけてしまっています。

失恋したときの脳内は麻薬中毒者と同じ。

麻薬

失恋したときの脳内は、麻薬中毒者のそれと同じ状態だと言われています。
脳内では、失恋すると多量のドーパミンが分泌されます。
ドーパミンとは、人が幸せや幸福を感じたときに分泌されるホルモンの一種です。
失恋すると、あの時感じた幸せを脳が探し求め、多量のドーパミンを放出するわけです。
それはまるで、麻薬中毒者が麻薬を探し求める脳内にとても似ているそうです。
あなたの好きな人は麻薬と同じぐらい依存してしまうほど、あなたにとって思い出深い人なんです。
麻薬中毒者が麻薬を辞めるようになるためには、相当な努力が必要です。
それと同じで、失恋して、現実を受け入れることも、かなり難しいのです。

詳しくは、この関連記事に掲載していますので、よかったらお読みください。

失恋して辛いと感じた時に読んでください→失恋が辛いと感じる仕組みと立ち直る方法

2017.02.18

現実を受け入れるには時間が必要です。

浜辺にLOVEを書く女性

失恋すると誰しも現実逃避します。
そして、いずれ現実を受け入れる時期がきます。
それは、時間が解決します。
本当の意味で、現実を受け入れるための解決方法は、唯一、時間のみです。
現実を受け入れるための期間は人によってさまざまで、短くて半日、長い人で3ヶ月だと言われています。
なぜなら、ドーパミンが永遠に分泌されることは、ありえないからです。
ドーパミンの分泌が時間が経つにつれて徐々に減っていくことで、失恋の辛さが軽減されていき、現実を受け入れていきます。

現実を受け入れることが難しい人の特徴

失恋は男女共通です。男性も女性も、根本は同じです。
失恋から立ち直ることができない原因は、現実逃避の時期から抜け出すことができていないからだと言われていますが、こんな特
徴がある人は、時間がかかる傾向にあります

椅子に座んで苦しむ女性

一途な人

ある一人の好きな人に対して、一途に尽くす人は現実を受け入れるのに時間がかかります。
あの人に尽くしてきた分、そのショックは大きくなります。
尽くしてきたからこそ、最高の愛が芽生えると考えて、一番にあの人のことを考えて、一生懸命尽くしてきたのに…

恋愛一番な人

仕事や友達より恋愛!恋愛を一番に考えている人は、現実逃避の時期から抜け出せない傾向にあります。
恋愛に一番力を入れている分、失恋してその現実を受け入れることには相当な時間がかかります。

自分に自信がない人

自分に自信がない人にとって、その付き合っていたお相手は、やっと自分を認めてくれた人です。
そんな人が離れていってしまったら、さらに自分に自信がなくなってしまう。
そう考えてしまったら、なかなか抜け出せないです。
唯一、自分を認めてくれたあの人との思い出だけが、記憶に刻まれてしまいます。

過去に遊んだ経験がある人

意外にも、過去に異性で遊んでいた経験がある人は時間がかかると言われています。
なぜなら、いろいろな人と遊んでやっと見つけた本気の相手を失うということですから、そのショックは大きいようです。
自業自得だろと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
これが、この人の恋愛の形です。

ネガティブな人

物事をマイナスに考えてしまう人は、なかなか抜け出せないですね。
ポジティブに考える方が難しいかもしれませんが…ネガティブシンキングだからこそ、現実を受け入れることに時間がかかってしまい、自分を責め続けてしまいます。

現実を受け入れるきっかけは人それぞれ。

雨に打たれて苦しむ女性

時間が解決するとはいえ、日々、生活をしていく中で、現実を受け入れるきっかけがあります。
そのきっかけ次第では、現実を受け入れる時間が大幅に短縮されます。
そのきっかけで一番多かったのが「好きな人の態度」でした。
また、好きな人から着信拒否されたり、LINEブロックされたり、友達から噂を聞いたりなど、失恋して現実を受け入れたきっかけは人によりさまざまでした。
今回は、3人の男女に、そのきっかけをインタビューしてきましたので、ご紹介いたします。

20歳:女性

私は、LINEブロックで現実を受け入れました。好きだった人にいくら連絡しても既読がつかず、ブロックされていることに気づきました。連絡を取ることすら許されないことにとてもショックを受けました。

26歳:男性

僕が失恋した事実を受け入れたきっかけは、友達からの伝言でした。友達から、元カノとその彼氏の幸せ話を聞いたとき、「あ、振られたんだ」と思いました。もう、僕の居場所は彼女にはないんだという思いでした。

34歳:女性

彼氏の態度です。彼氏の態度が次第に、私から離れていっているような気がして、もう、気持ちがないことがわかりました。彼氏はもう、他の女性に身も心も向っているんですね。

現実を受け入れたきっかけ10選

歩道橋の上にいる女性

失恋した現実を受け入れたきっかけを100人の男女に聞いてみました。
そのもっとも多かったきっかけを、ランキング形式で発表します。

1位:好きな人の態度(24人)

好きな人の態度が次第に変わっていき、失恋した実感が湧いてくるようです。

2位:友達伝いで聞く(21人)

友達経由で、失恋した相手のことを聞いて、現実を受け入れてしまう人が多いようです。

3位:自己暗示(17人)

自分自身に失恋したと言い聞かせることで現実を受け入れた人もいるようです。

4位:好きな人からの言葉(14人)

好きな人から、嫌いだと言われ、現実を見ました。

5位:連絡無視(10人)

LINEを無視されたり、着信拒否されたりなど、好きな人からの壁が目に見えてわかるときですね。

6位:手紙(5人)

好きな人からの別れの手紙で現実を受け入れた人もいるようです。ロマンチックですね。

7位:噂話(3人)

噂で、好きな人が自分のことを嫌っていることを知ったときのショックは大きいですよね。

8位:映画(2人)

映画を見ていて、自分の置かれている状況に重なるものがあり、現実を受け止めた人もいるようです。

9位:親の恋愛話しを聞いて(1人)

失恋したとき、親の恋愛話を聞いて、運命のひとではないと感じました。

9位:自殺(1人)

自殺しても好きな人が振り向いてくれなかったときです。

9位:SNS(1人)

好きな人のSNSをのぞいたら、他の人と付き合っていました。

9位:未だに現実を受け入れることができていない(1人)

もう、10年ほど、失恋を受け入れることができていないようです。

現実を受け入れたら、一度、おもいっきり発散しましょう。

二人で楽しむ女性

現実を受け入れたということは、とても辛いことだと思います。
ですがそれは、あなたにとって、立ち直るための大きな一歩です。
失恋したという現実を受け入れることができたなら、一度、思いっきりリフレッシュしてみてください。
リフレッシュすることで、とても気分が晴れます。辛いことの後は、楽しんで、心を健やかにしましょう。

1.映画を見て泣く

映画を見て泣いてください。恋愛ものだと、また、あの人との思い出を思い出すかもしれませんので、オススメしません。
立ち直るためには、アクション系やコメディ系、または、感動物の映画がオススメです。

2.友達に愚痴る

思いっきり愚痴を言ってください。
「こんなこと友達に言ったら嫌われるかも…」なんてことは気にしなくても大丈夫です。
ほとんどの場合、友達はあなたの失恋話を全て聞いて覚えていることはありません。
気が済むまで愚痴を聞いてくれる友達っていいですよね。

3.大声で叫ぶ

ドラマみたいに山に行って大声で叫ぶのも良し、カラオケに行って、喉が枯れるまで歌い続けるも良し、とりあえず大声を出してください。
ストレス軽減の効果もあります。

4.大酒を食らう

お酒が好きな人はこの方法もいいですね。お酒は苦い思い出を押さえつけてくれます。
ですが、飲みすぎには注意してください。

5.思い出の品を壊す

よく、あの人との思い出の品を捨てる人はいますが、オススメは壊すことです。
おもいっきり、アルバムをへし折ってください。スッキリしますよ。

6.イメチェンする

ファッションを変えてみたり、髪形を変えてみたり、今までとは違う自分になることで発散できます。
イメチェンすることで、なんとなく中身も変わったような気分になることができるかです。

7.旅行に行く

友達や一人でも構いません。旅行に行くことで、新たな発見や気づきがあります。
新しい世界に触れることで、気分が楽になることは心理学でも証明されています。

8.趣味に没頭する

趣味に没頭してみてください。
好きなことに集中することで、何も考えなくなります。
そして、自然と充実感が得られます。

9.仕事に集中する

仕事は唯一、恋愛より優先できることです。仕事に集中すると疲れます。
疲れるとすぐに寝ます。
一人になる時間を減らすことは、リフレッシュの機会を多く得たことになります。

10.涙が枯れるまで泣く

とりあえず、泣くこともいいですね。
これでもかってぐらい泣くことで、リフレッシュできます。
さらに、泣くことはストレスの解消にもつながります。

発散したら、ひとまず冷静になって考えてみてください。

考え込む女性

現実を受け入れて、気持ちをリフレッシュできたら、もう一度冷静になって考えてみてください。
なぜ、あの人は私のもとから離れていってしまったんだろうと。
ここで考えることをやめてしまえば、おそらくあなたは、また、同じことを繰り返す可能性があります。

別れた原因を考えてみてください。

おそらくそれは、あなたに何かしらの原因があるのではないでしょうか。
例えば、あの人のことをちゃんと真剣に考えることはできていましたか?
または、本当にあの人のことを尊重して、生涯のパートナーとして見ていましたか?
その原因はあなたのみが知っているはずです。

別れた原因は、あなたの欠点です。

驚く女性

その失恋した根本の原因は、今のあなたの欠点です。
その欠点のせいで、大切な人を失ってしまったという事実は覆りません。
まずは、その欠点を認めてください。
認めることは難しいことも分かります。
ですが、それを認めなければ、もし、あの人が戻ってきたり次に大切な人ができたりしたときに、また同じことを繰り返してしまいます。
私の欠点は、自分勝手なところでした。
自分勝手であったからこそ、好きな人が注いでくれた愛情にも気づくことができていませんでした。

あなたの欠点を直すように努力しましょう。

読書を楽しむ女性

まずは、あなたの欠点を直すように努力してみてください。
もう、あんな辛い失恋を経験するのは嫌ですよね。
そうならないためにも、あなたの欠点を改善することは必須と言えるでしょう。
私も、今、一生懸命、直すよに努力しています。
この欠点が改善できれば、もう失恋から立ち直ったと言っても過言ではありません。
実は、ほとんどの人の場合、この自分の欠点を見つけ、次につなげることができていません。
できていないから、また同じ過ちを繰り返してしまいます。
失恋の体験から、自分の大きな欠点をみつけることができ、人としてまた一つ成長できたことに感謝することができます。
あなたが成長できたことは、あの失恋を経験したからです。
立ち直ることで、次に進むことができます。
別れたあの人に感謝できませんか?さあ、次の恋愛に進みましょう!

失恋に関する名言集

最後に、失恋に関する名言をいくつか紹介します。あなたが立ち直るためのきっかけになれば幸いです。

光る

「失敗しなくちゃ成功はしないわよ」(ココ・シャネル)
確かに、失敗して初めて学ぶことがあります。失敗から学ぶからこそ、成功するんですね。

「カネがなくてもくよくよするな。他人に一時預けていると思え。いずれ自分のところに回ってくる。女もそうだ。」(高田純次)
個人的には好きですね。お金は単に人から人へ渡り、ぐるぐる回っているだけです。女も世の中の仕組みと同じなら、そうなのかもしれません。

「裏切りは女のアクセサリーみたいなもんさ。いちいち気にしてちゃ女を愛せる訳がないぜ」(ルパン三世)
カッコいいですね。確かに、女性は必要とされたいもの。裏切りは女の特権だとすれば、それを丸ごと愛することができる大きな男になりたいですね。

「恋をして恋を失ったほうが、一度も恋をしなかったよりはマシである。」(テニスン)
確かに、恋から学ぶことはたくさんあります。失ったとしても、恋は人を成長させてくれます。人としての成長のためには、恋が必要なのかもしれません。

「深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。」(トルストイ)
深い愛情を注いできたからこそ、失恋したらその苦痛は大きいものです。ですが、その苦痛を味わうことができることは、幸せなことなんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)