やさしいあなたの心の痛みをやわらげるために【男性がつらい失恋から立ち直る方法】

やさしくて、誠実な、あなたへ

この記事を読まれているということは、あなたはつらい失恋を経験されたのだと思います。

それが片思いだったのか、付き合っていた彼女と別れることになってしまったのか。
どちらの場合にせよ、失恋の痛みはつらく、ひどく傷ついてしまっているんじゃないかと思います。

-「一途に相手のことを思える人」ほど、失恋で傷つくといわれています。-

-「やさしくて、誠実な人」ほど、失恋の傷は消えない痛みとなって心にくすぶり続けてしまう。-

-そういった「やさしい男性」は失恋したとき「原因は自分にあった」と考える傾向にあります。-

-「自分の魅力が足りなかったんだ」「あの時、ああしていれば」と自分を責めてしまう。-

-そんな風に失恋を引きずってしまう自分を「女々しい。なんて、ダメなやつなんだろう」と自己嫌悪してしまう。-

もし、あなたがそうだとしたら、もう自分を責めないでください
あなたは「1人の女性を心から愛せる」すばらしい男性なんです。
そんな素敵なあなたには、その「まっすぐさ、やさしさ」を注いであげるべき女性が、どこかにいるはずです。

今は、本当につらいとは思います。

ですが「なんとかしなきゃいけない」と思って、この記事を読まれている、強いあなたなら、必ず、つらい失恋から立ち直ることができます。

少しずつで大丈夫です。
少しずつ、立ち直るための準備をしましょう。

 

スポンサードリンク

男性が失恋を引きずりやすいのは、脳の構造に原因がある

まずは「失恋を引きずってしまう自分は、なんてダメなんだ」という考えを捨ててください。

男性は、そもそも女性に比べて失恋を引きずりやすいのです。
これは、男性が、女性に比べて、感情表現が苦手なことに起因しています。

失恋から立ち直るためには、じぶんの気持ちに整理をつける必要があり、そのためには、じぶんの素直な気持ちを表に出す必要があります。

女性は失恋した時に「とにかく友達に思いを全部話す」「思い切り泣く」など、感情を表に出した行動を取り、じぶんの感情と正面から向き合います。
結果、徐々に失恋した恋に対して、気持ちが整理されていきます。

恋愛は、理屈ではなく、感情の占める部分が大きいため、今、自分はどれだけつらいのか、何を思っているのか、という、自分が抱いている気持ちを一旦吐き出して、素直に向き合うことが、立ち直るためには必要です。

ですが、男性は自分の気持ちを表に出すことが苦手な人が多い
これは、脳構造に原因があります。

人間は右脳で感じた感情を左脳で処理し、言葉を発したり、行動したり、していますが、男性は右脳と左脳をつなぐ、脳梁(のうりょう)が女性に比べて20%も細く、右脳で感じた感情を、うまく処理して表現することが生物的に苦手です。
かつ、男性の脳は、論理的思考を司る「左脳」が発達しています。

結果、失恋した場合、感情的な部分を素直に表現することができず、もやもやしたまま、理屈だけで考えがちなのです。

 

失恋を引きずる男性の頭の中

左脳が得意なのは、問題解決思考
左脳で考えることが得意な男性は、失恋も問題解決思考で捉えようとします。
結果、男性は、失恋した際に下記のような状況に陥りやすくなります。

ひとりで抱え込んでしまう

感情を表に出すことが苦手なため、失恋した際も、その辛さを誰かに話すということはせず、ひとりで抱え込んで落ち込みがちです
ひとりでいると視野が狭まりがちになり、延々と左脳を使って、ひとりで失恋した恋について自問自答し
「なぜ失恋してしまったのか」について考え続けます。

ひとりで考えても、じぶんのことしか考えが及ばないため,

「あれは、自分がいけなかったんだ。だから、ああなったんだ」

と結論付けてしまい、自分を責めるような考えに行き着きがちです。

相手を美化してしまう

男性はプライドが高く「自分が付き合った、惚れた女は、いい女だった」と思いたがる傾向にあります。

これに左脳の思考が加わり「こんないいところがある。だからいい女だった」と、論理的にも「相手が最高の女性だった」と意味付けしてしまうため、そんな女性にフラれたことに落ち込み、余計に気持ちの整理がつかなくなっていきます。

失恋した恋愛を理屈で振り返ってしまう

男性は失恋すると「そうなった原因」を理屈で考えます。
「自分は彼女に対して、こんなことを伝えられていなかった。だからダメだったんだ」という分析と
振り返りの結果、

「そこを改善したらチャンスがあるんじゃないか。またやり直せるんじゃないか」というような思考になってしまうため「再構築・リトライ」の可能性を探ってしまい、なかなか気持ちに折り合いをつけることができない傾向にあります。

これら3つのパターンは、男性が失恋した場合、陥りやすいパターンです。
当てはまっていたとしても「じぶんはなんてダメなんだ」と思う必要はありません。
感情と向き合うことが苦手で、左脳(理屈)で物事を考えがちな男性は、脳構造的にこのような傾向に陥りやすいのです。

決して、あなたが女々しくて、ダメなのではありません。

スポンサードリンク

ちょっとずつでいい、立ち直っていきましょう【男性専用 立ち直り法】

男性が失恋を引きずりやすい理由と傾向について、正しく意識できたら、ちょっとずつ、立ち直るための準備をしましょう。

論理的に考えることが得意な「男性」に向けた立ち直りのステップを、根拠を添えて紹介していきます。

立ち直るSTEP1:【紙に書き出す】自分の感情に素直になろう

失恋から立ち直るための、最初のステップは、自分の素直な気持ちと向き合うこと
そのために、気持ちの棚卸しをしましょう。

まずは紙とペンを用意してください。
そして、今あなたが考えていることを、すべて書き出してください。

・「どれだけ相手のことを好きだったのか」
・「今、自分がどれだけつらいのか」
・「彼女のステキだった部分」
・「実は、ちょっとこんな部分が嫌だった」など。

ポジティブなことも、ネガティブなことも、すべてです。

頭の中で考えるだけでは、堂々巡りになってしまいますが、一旦紙に書き出して、物理的に「外に出してしまう」ことで、いまのあなたの気持ちを冷静に見つめることができるようになります

その紙は人が見るものじゃありませんから、思いのまま、「こんなの女々しい」「未練タラタラだ」などと、ブレーキをかけずに本音を書き出してみてください。

感じていることを物理的に「自分の外に出してしまう」ことで「あ、こんなこと思ってたんだな」という意外な本音が見えてくることもありますし、何より、自分の素直な思いを客観的に見つめることができるようになります

スポンサードリンク

立ち直るSTEP2:【書いたものを客観的に見つめる】感情を整理しよう

あなたの素直な感情をすべて紙に書き出したら、今度はそれを一つ一つ眺めていきましょう
紙には、あなたの素直な想い、相手の良かったところ、実は嫌いだったところ、など、いろいろなことが書いてあるはずです。

それらの気持ちを客観的に見つめ、心理学でいうところの「執着を手放す」作業を行います。

例えば「そばにいてほしい」という気持ちに対して「それは現実的に叶うのか」という実現性を検証する。
もし「難しいかも」と思えてきた場合は「忘れることができたなら、前に進むことができる」「もっとイイ男になってやる」と冷静に、かつ、失恋から立ち直った後のポジティブな未来を想像しながら「手放す!」と心の中でつぶやくのです

この作業を行うことで、即座に気持ちが切り替わるわけではありませんが、この後のステップに進んで行ったとき、気持ちが前向きになってきたときに

「この世の終わりみたいに思っていたけど、そんなことはないな」

「彼女が、世界でたった一人の運命の相手と思っていたけど、そんなこともなかったな」

と、後から効いてきて、完全に立ち直るための助けになってくれます。

この作業を行っても「どうしても別れた相手のことを諦められない!」ということでしたら、その気持ちに素直なままでも大丈夫です。
必要なのは、自分の素直な気持ちと向き合うことです。
この先「リトライ・再構築するチャンス」が巡ってくることもあるかも知れませんので、その時はそうする!ということでも、全く問題ないと思います。
ただし、それに固執しすぎないよう「冷静に、客観的に」その気持ちを見つめることが大事だと考えてください。
それこそ「そうか。俺、チャンスがあれば再構築したいと思ってるんだな」というくらい、少しじぶんの気持ちを距離をとって眺められるようになっているとベストです。

立ち直るSTEP3:【人に話す】想いを聞いてもらおう

気持ちの棚卸し、整理が終わったら、だれかに話を聞いてもらいましょう

つらい気持ちを愚痴ってもいいでしょうし、立ち直って、前を向かないといけないと思う気持ちなど、なんでもいいので、素直な気持ちを人に聞いてもらいましょう。
男友達でも大丈夫ですが、オススメは女性に話を聞いてもらうことです。
もしかしたら、別れた相手側の目線でアドバイスをくれるかも知れないですし、女性は「共感」が上手なので「そうなんだ。辛かったね」「わかるよ」という共感の気持ちを示してくれるだけで、あなたの気持ちは軽くなるはずです。

「知り合いの女性にそんな相談をするのは気がひける」ということでしたら、女性のバーテンダーに話を聞いてもらってもいいでしょうし、スナックのママでもいいでしょう。
恋愛専門の電話相談やメール相談サイトもあります。そういったサービスを利用するのもひとつです。
人に話すことで、あなたの気持ちが、より整理できますし、何よりも「聞いてくれる人がいる」という安心感は、失恋のつらさを和らげてくれます。

スポンサードリンク

立ち直るSTEP4:【物理的に決別する】思い出さないようにしてしまおう

ここまでのステップで気持ちを整理したとしても、何かの拍子に失恋した恋を思い出してしまうと、また落ち込んで、振り出しに戻ってしまいます。「失恋した恋」を思い出さない様、物理的に決別してしまいましょう

思い出のアイテムを捨てる

記念写真や元恋人からもらったプレゼントなど、楽しかった思い出のアイテムを思い切って処分しましょう

捨ててしまうのはちょっと、という方はダンボールにしまって、普段目につかない押入れの奥などに封印しましょう。
普段目に付く場所に思い出のアイテムがあると、目に入った時に失恋の痛みが復活し、なかなか立ち直ることができません。物理的に思い出と距離を作る様にしましょう。

休日に強制的に予定を入れる

失恋の痛みは、ひとりになった時に突然よみがえってきます。
一度、思い出すと、また「失恋してつらい状態」に逆戻りしてしまうので、なるべくひとりになる時間を減らすため、強制的にでも、予定を入れてしまいましょう

男友達と飲みにいく約束でもいいですし、趣味の予定を入れるのでも大丈夫です。
ポイントは「ひとりになると失恋の痛みをぶり返しやすい」ということを理解して「意図的に予定を埋めてしまう」ことです。
手帳を開いて、空いているところに予定を入れてしまいましょう。

脳に新しい回路を作る

失恋のショックで何も手につかなくなってしまうと、脳にも刺激がいかなくなります。
結果、同じ思考がぐるぐると回り、失恋から立ち直れない状態が長引いてしまいます。
そこで「脳に新しい回路をつくる」ための行動をしましょう。

最初は気持ちが乗らなくても、その行動を取ることで、徐々に脳に新しい回路ができて行き、その回路を使って思考する様になるため、脳科学的にも、失恋の痛みを思い出しづらい状態にすることができます。オススメの方法は以下の3つです。

  • 【①知らない場所に旅行に出かける】

ただの旅行ではなく、自分が今まで行ったことのない場所に行ってみてください
自分がこれまで見たことのない景色、料理、体験を味わうことで、新鮮な刺激が脳に加わり、新しい回路を作りやすくなります。気晴らしにもなりますので、旅行に行くことは心にもいいと言えます。
※失恋した女性が傷心旅行に出かけるのは、気晴らしの面だけでなく、脳科学的にも良い行動なのです。

  • 【②好奇心旺盛な知人と一緒に行動する】

人の脳神経は、一緒にいると似ている形に徐々に作り変えられて行くそうです。
好奇心旺盛な人は、ものであれ、体験であれ、常に新しい刺激を求めるので、そういった人と行動を共にすることは、脳にあたらしい回路を開くのに最適です。
失恋を思い出す暇もないくらい刺激にあふれていますので、そういった人と行動する、または、そういった人の行動を真似してみるのが、いいでしょう。

  • 【③漫画・映画などのエンターテイメントに浸る】

漫画や映画などは、非日常世界を疑似体験させてくれます。
そう行った日常にない刺激を受けることは、脳に新しい回路を開くのに最適な刺激をくれます。
ただし、恋愛ものは、失恋した痛みを思い出すことに繋がりますので、恋愛とは関係のないアクション・SF・サスペンスなどを選択するのがおすすめです。

立ち直るSTEP5:【規則正しい生活を送る】科学の力を借りよう

失恋から立ち直るには、意外かも知れませんが「規則正しい生活」を送ることが大切です。

楽しかった思い出や、相手のことを思い出す時、人の脳内には、ドーパミンという興奮・快楽を誘発する物質が出ています。
失なった恋を思い出すのはつらいことですが、同時に快楽も感じているため、脳が快楽を求めて、何度も失った恋を思い出してしまいます。

このドーパミンを抑える働きをするのがセロトニンという物質です。

セロトニンは、精神の安定・抗うつ作用があり、これを増やすことで、ドーパミンを求めて脳が失恋を思い出すことを抑える、失恋のショックでうつ状態に陥ってしまうことを抑えることができます。
セロトニンを増やすために必要なことが、規則正しい生活を送ることなのです。

具体的には早寝早起き、3度の食事、適度な運動がポイントです。

  • 【早寝早起き】

夜は遅くとも10時には就寝し、朝は日の光とともに目覚めるのが、一番良質な睡眠です。

日の光で目覚めるには、夜寝るときに遮光カーテンの隙間を少し開けておけば、朝に日の光を体に浴びて、自然にスッキリと目覚めることができます。
普段、お仕事で忙しいという方は、オフの日だけでも、早寝早起きを心がけるようにしてみてください。
夜遅くまでの残業・少ない睡眠時間は、失恋から立ち直るためには禁物です。

  • 【3度の食事】

朝・昼・晩と決まった時間に規則的な食事をとることを心がけてください。
ビタミンB6・トリプトファンが多く含まれる食事は、セロトニンを増やすのに効果的です。

  • 【適度な運動】

セロトニンを増やすためには、適切に運動することも重要です。
ランニング・ウォーキングなど、一定のリズムで行う運動が良いようです。意欲のある方は、新しい趣味として、ダンスを初めて見るのもいいかも知れません。

スポンサードリンク

立ち直るSTEP6:【新しい女性と関わる】元彼女が世界一、という思考を捨てよう

最後のステップです。
元恋人のことを吹っ切るためにも、ここは、新しい女性と関わりを持ちましょう

ポイントは「付き合おう」と無理に思わないことです。

元恋人以外の女性と話をしたり関わったりすることで、他にも素敵な女性はいるんだな、という意識になることが大切です。
失恋したときは「彼女は世界一の女性だった」という気持ちに囚われがちですが、他の女性と関わっていく中で「彼女が世界一・唯一の女性」という考えは、思い込みだったと気づくことができるでしょう。
サークル活動やカルチャーセンターなどの習い事を始めて「趣味の時間を作る+他の女性と関わる機会を増やす」ことで、徐々に失恋の傷も癒えてくるでしょう。

以上が、左脳で思考することが得意な男性に向けた「失恋から立ち直る方法」です。

【最後に】もっといい恋ができる。だって、あなたはいい人だから

最初にも書きましたが失恋で傷つく人は「相手を本当に好きになれる素晴らしい人」です。

前を向くのはちょっとずつでも大丈夫ですが、どうか、あなた自身のすばらしさを、まず、あなたが認めてあげてください。

きっと、あなたなら、もっといい恋ができます。

それこそ次に出会った恋が「あの失恋のつらさは、この恋に出会うための修行だった」と思える日が必ず来ます。

自分の気持ちに正直に、少しずつ、今日から、次の恋に向かって進んで行ってください。

 

この記事を読んだ人は以下の記事もチェックしています;

失恋後の朝が辛い方必見!大失恋後の鬱な朝を爽快に変える2つの方法!

 

元カノと復縁したい!心理学を使った上手なLINEの送り方

失恋して辛いと感じた時に読んでください→失恋が辛いと感じる仕組みと立ち直る方法

水槽と落ちこむ女性

3000人以上の失恋相談から生まれた
たった10日で失恋の傷を癒し、復縁を成功に導くメールマガジン

失恋から立ち直った、私のストーリーが漫画になりました。下のボタンをタップで続きが読めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)