セックスレスが死ぬほど辛いあなたへ。セックスレスになる6つの原因と解消法

結婚したカップルの大半がセックスレスだと言われています。私も結婚2年目にしてセックスレスになり、すごく悩みました。本当に辛いですよね。セックスレスを経験した女性であればわかると思うのですが、「女として見られていないのかな?」「私ってそんなに魅力ないのかな?…」と、いろんな不安が募りますよね。「そんな彼なら浮気しちゃえばいいじゃん!」という友人からのアドバイスも全く参考になりませんよね。そんなセックスレスに悩む女性は、ぜひ見てください!

セックスレスは死ぬほど辛い

セックスレスって、一言で表せないくらい辛い思いが込み上げるものです。私は当時まだ20代だったので、「女としてまだ枯れたくない!」とか「このままずっと、我慢しなきゃいけないのかな…」なんて考えていました。少しでも女として見てほしくて毎晩ボディクリームを塗ったり、ちょっと派手めの下着を着てみたりと、毎晩頑張って準備をしていましたが、ベッドに入ったら旦那はすぐにイビキ。こちらから勇気を出して誘っても、「いや、女側から来られても、逆に萎えるから」と完全拒絶。再度上に乗って襲うも、勃ってからはイク気配は全くなく、挙げ句の果てには「満足?」と言われてしまいました。すごくショックで、頑張ってる自分が惨めに思えて、涙が止まりませんでした。

離婚原因の70%以上がセックスレスだと言われているように、夫婦間を円満に保つ上でセックスはとても重要なものです。「好きだよ」「愛してるよ」と言われても、そこにセックスが欠落してれば心は満たされませんし、そもそもセックスはキスやハグとはまた違った愛情なのでそれ以外で代用はできませんよね。睡眠欲や食欲と同じように、性欲も1つの根源的な欲求です。頻度が減れば欲しくなるし、肌に触れたくなります。男性は自慰行為で発散できるのかもしれませんが、女性はそんな簡単に発散することなんてできません。それが長い期間続けばずっと檻の中に閉じ込められているような感覚になってどうしようもなく不安になりますし、結婚していれば女として生きるか、女を捨てて家庭に尽くすか、そんな選択肢を頭に思い浮かべる女性も多いと思います。

しかし、女性、特に専業主婦は家庭に入ると生活力がないことが多いため中々離婚に踏み切れませんし、子供がいれば尚更生活は厳しくなります。かと言って浮気や不倫をしても、バレてしまいえば慰謝料等でそれどころではなくなってしまいます。

そもそも、セックスレスで辛いのは、相手のことを愛しているからです。

不倫しても、心の奥底はきっと満たされませんし、相手への気持ちが強いほど、浮気なんてできません。「そんなに嫌なら、別れたら良いじゃん」って言われても、好きだから、離れられないんです。

近くて遠いあの人が、心から好きだから、辛いんです。

あの人を愛して、同じように、愛されたい。一人の女として、そう思うことは、いけないことなのでしょうか?

セックスレスの辛さを理解してもらえない女性は多い

セックスレスの悩みは一人で抱え込むことが多いと言われています。それはそのトピック自体がアダルトなので、恥ずかしくて周りに相談できないからです。特にママ友は旦那のステータス自慢が多いのでその話題は出にくいですし、周りに自分たちの性生活を晒すことそれ自体気が引けますよね。例えその相談相手が旦那であっても、辛い気持ちを打ち明けることにはかなりの勇気がいります。「ハハ、何言ってんの?」と流されてしまったり「面倒くさい」と言われるのが、すごく怖いからです。

私の場合、旦那の仕事が比較的高給取りなので「旦那が心地良くいられる環境を作るのが、あなたの仕事」と言われるのが目に見えていて、両親にも相談することなんてできず、家族の中に私の居場所はないのではないかと思ったことも一度や二度ではありませんでした。

それならば相手への愛に徹しようと、髪を綺麗にしたり、下着を替えたり、料理を頑張ってみたりと、夫への愛情表現を増やし、「尽くす」こともやってみましたが、結局「満足?」の一言で片付けられてしまい、「私って何のためにいるのだろう?」と思ったりもしました。「ただ家事や身の回りの世話をするだけなら、家政婦と変わらないじゃん…」と。

一番辛いのは性欲を満たせないことではなく、女として私のことを意識し、愛してくれる時間が旦那の中から消えてしまったこと。

夫を愛し愛される唯一のパートナーとして選んだわけで、ただ愛を一方的に注ぎ続けるだけの関係性になるために、結婚を選択したわけではありません。家族になりたいと思って一緒にはなりましたが、親兄弟になりたくて歩みを揃えたわけではなく、「妻」として、一人の「女」として、あの人と同じ歩幅で歩んでいこうと決めたのです。でもそれが、肌の触れ合いすら拒否される関係性。

そんなことを考えれば考えるほど、自分の存在が必要ないような気がして、どんどん悲しくなっていきました。

セックスレスになる主な原因6つ

セックスレスになる原因はそれぞれですが、大まかにまとめると7つに分けることができます。

妊娠と出産

妊娠・出産すると女性側はホルモンバランスが乱れます。その時に女性の脳内は「女」から「母」へと意識が変わり、旦那のことよりも子供を優先するようになります。この時に旦那とのセックスを本能から拒否してしまう女性が多く、男性はその時から妻を「女性」としてではなく、「ママ」として認識するようになります。パートナーのことを「親」として捉えるようになると、相手を性の対象として見なくなるカップルが多く、子供を産んだタイミングからセックスレスになることも少なくないようです。

私の場合、出産したのは結婚後1年半後だったのですが、その半年後からセックスレスになりました。ホルモンバランスの乱れもあって旦那からの誘いを一度断ってしまいましたし、「今はそういう気分になれないの、何でわかってくれないの?」と言ってしまったことを、後からすごく後悔しました。

それに、女性は産後、体型が信じられないくらい崩れます。今まで必死に保っていたボディラインは見るかけらもなく、おっぱいは垂れ、出産で骨盤が開いたことによりO脚になり、アソコも以前より緩くなってしまいます。男性側はパートナーが出産したからと言ってすぐに脳内ホルモンが変化するわけではなく、女性の態度や体型の変化によって、「母」と認識するようになるようです。

同棲生活が長い

男性は本来女性の身体にかなりの憧れを持っているもので、「女性はオナラはしない」など、神秘的なものだと無意識に認識しているようなのです。「は?バカなんじゃないの?」と思ってしまいますが、それが男性の性欲を刺激する根本にあるようで、これが崩れると妻を女として見なくなるそうです。

特に同棲生活が長いカップルはこれまで見えなかった部分があからさまに見えてしまうため、「オナラする」などの行為を見て憧れが崩れ、「あなた」が相手にとって現実となり、魅力を感じなくなるそうです。

本当に「ふざけるな!」って感じですよね…。

性にそもそも興味がない

顔や体型に個性があるように、性欲の強さにも個人差があります。人によっては性欲が強く、いろんな女性とエッチしたいと考える人もいれば、極端に興味がなく、できることなら触れたくないと考えている男性も結構多くいます。

私が大学の時にお付き合いしていた元彼は異常なくらい性欲がなく、セックスの回数は付き合っていた2年間で片手に収まるほどでした。「こんな人も、世の中にはいるんだね」と思っていましたし、「性欲がなければ他の女とエッチすることもないよね」と、変にプラスの方向で考えていました。当時はまだ「結婚」なんて頭にはなかったので、性が原因でその後悩むことになるなんて思ってもいませんでした。

仕事のストレスで鬱になる

私たちがセックスレスになったのは結婚して2年後、私が第一子を出産してからというのは上述の通りですが、実はもう1つ原因があります。それは、旦那の「出世」です。旦那は私の3つ歳上で、第一子を出産した時は30歳でした。某日経の商社に勤務していて、出世する時期と出産するタイミングが被ってしまったのです。

普通であれば経済的余裕が増えるので喜ばしいことではあるのですが、出世とともに旦那が疲れて帰ってくるようになりました。出世とは言え、まだ中間の立ち位置なので上司と部下の板挟みにあい、且つ責任だけが増えていくような状況だったため、身体的にも、精神的にも辛かったようです。帰宅する時間も夜遅く、帰ってきたとしてもあまりの疲れですぐに寝てしまっていました。私も産後の育児で四苦八苦していたのでセックスに関してはその時は気にしてはいませんでしたが、気付けば半年間、一度も夜の営みはなく、キスやハグすらもしなくなっていました。

性機能・体力の低下

熟年カップルのセックスレス率は80%と言われているように、歳を重ねるほど交わる回数は減っていきます。その一番の原因が体力の衰えです。体力の衰えは精力の衰えにも直接繋がるため歳とともに性への活力がなくなってしまい、早い人では40歳でEDになってしまう男性もいるようです。

旦那の場合、当時はまだ30歳でしたが、会社と家の往復の繰り返しで運動する時間は一切なく、土日の休みも付き合いで外に出なければならないことが多かったので、体力的にも急激に落ちていたのだと思います。特に仕事が多忙でストレスの増える30代は外のことで頭はいっぱいになるため、家庭のことを気にする余裕がなくなる人は多いようです。お金を稼がなければ家を守っていくことはできないと無理にストレスを増やしている男性は少なくなく、過度のストレスで勃たなくなってしまうケースも多いようです。

性生活のマンネリ化、長時間セックス

上記の理由に加え、性生活がマンネリ化していることが原因になることもあります。特別感のあるものであれば疲れていても気持ちは向くものですが、いつもと変わらないものであれば、「また余裕のある時に」と、後回しになってしまいます。例えば、誕生日が特別なのは年に一度しかないからですが、それが毎日となれば誕生日パーティを来る日も来る日もしたいとは考えないと思います。セックスに関しても同じことで、いつもと変わらない特別感のないセックスはどうしても気分が向きにくいのです。

また、セックスの長期化もハードルを上げる原因だと私は考えています。前戯を含めると1時間以上かかることもありますよね。5分の散歩であればダイエットもやる気になりますが、1時間のランニングとなるとお尻は重たくなるものです。特に働き盛りの男性であれば体力的・精神的疲労が溜まりやすいので、セックスの時間が長ければ長いほど、やる気は削がれてしまいます。

セックスレスになると起こりやすいトラブル

セックスレスそれだけでも本当に辛く、簡単い耐えられるものではありませんが、それが原因で起こるトラブルでもかなり精神削ります。以下、セックスレスが原因で起こるトラブルです。

喧嘩が極端に増える

セックスレスになると相手への不満が溜まってしまうため、ほんのちょっとしたことに敏感に反応してしまうようになります。私の場合、「私、こんなに頑張ってるのに、どうして何もしてくれないの?」「私のことはもう、どうでもいいの?」という想いから癇癪を起こしてしまったこともありました。出世に伴い旦那の子育てや家事への参加も極端に減り、子供が夜泣きしていても知らんぷりで寝続けているのを見た時、「どうして私だけこんな想いしなきゃいけないの?…」と、娘を抱きながら一緒に泣いたこともありました。

冷戦状態に

セックスのことに関して亀裂が走ると、「あの人は私のことなんてわかってくれないんだ…」と思ってしまいますよね。「もう何を言っても無駄なんだ」と考えてしまいますよね。そうしていると相手に対して期待することをやめてしまいます。「あなたが愛情をくれないんだったら、私もそうするからね」と、半ば強引にそっぽを向きたくなるのです。

自分に生活力がないこと、子供のことを考えると離婚なんて現実的ではなく踏み切れないため、外で稼ぐ、家庭の仕事をするという、形だけの家族になってしまうことも少なくありません。言葉を交わせばまた喧嘩になってしまうので、お互いにらめ合いっこ。

まさに、冷戦です。

浮気、不倫、離婚

女性も結婚したからとは言え、一人の女性です。性欲は「母」になったからと言って消えるものではありませんし、キスやハグだけでは満たされるものでもありません。家庭内で頑張っても一向に解決することがなければ、「女」として生きていきたいと考える女性もたくさんいると思います。

私も「満足?」と旦那から言われた時は、本気で離婚を考えました。

このまま愛されることなく、一方的に愛を注がなければならない状況や、家にいて当然の家政婦という絶望に耐えるくらいなら、いっそのこと自分を好きだと言ってくれる人のところへ行った方が幸せなんじゃないのか。身体も求めてくれる人のところで愛を注いだ方が、私は今後の人生に希望を持って生きれるんじゃないか。

私にも、私の人生を歩む権利がきっとある。

何度もそう考えました。

うつ病

これは私のことではありませんが、セックスレスが原因でうつ病になってしまう女性はかなり多いようです。家庭内では相手にされず、最悪の場合は触れることすら拒否され、肉親にも相談できない。義兄弟からも非難され、誰にも打ち明けることもできず、外に助けを求めることもできない。そんな閉塞的な状況が長く続くと、うつ病を発症してしまうことがあるようです。

陽の当たらない場所では精神障害を伴いやすいことは周知の事実ですが、「女」として枯れてしまうこと、誰にも相手されず、その代用を外に求めることもできない状況は、まさに陽の入らない監獄と同じようなものです。

セックスレスを経験した女性であればわかると思いますが、本当に、目の前は真っ暗なんです。

どこに行っても逃げ場はなく、誰かが助けてくれるわけでもない。抜け出そうと必死に頑張っても、もがけばもがくほど辛さで固まった泥沼は深くなっていく一方。「ずっと私はこのままなんじゃないか」とすごく不安で、たまらなくなるんです。

「女」としても「母」としても、それも全部含めて「自分」なんです。

もしこの記事を読まれている読者の中に男性がいたら、今の自分のパートナーに対して、どのように接しているのか。どう考えているのか。今一度胸に手を当てて考えて頂けたらすごく嬉しいです。

私達のセックスレス解消法

「ハハ、何言ってんの?」と言われたり、「満足?」とあしらわれて自分が惨めに思えたり、レスが原因で喧嘩が増え、冷戦に突入するなど、私たちも紆余曲折ありましたが、セックスレス問題から2年後、ようやく出産する前の性生活へと戻ることができました。セックスレスに悩んでいる女性の皆さんに、私たち(私)が実践したことをご紹介します。

重たい悩みとして夫に打ち明けない

これすごく重要なことなのですが、セックスレスのことをシリアスに相談するのは本当に危険です。私がそうでしたが、深刻な問題だと打ち明けても相手は気にするどころか、逆に「重たい」「面倒くさい」と考えるようになります。セックスレスの話し合いで相手がキレてしまえば、その話題は中々切り出せなくなってしまいます。

大切なのは、相手に自分のことを、可愛いな、愛おしいな、と思わせること。

「なんでセックスしてくれないの?」と言われるより、「昨日はすぐに寝ちゃって寂しかったなぁ、また今度しようね」と笑って言ってくれる方が、男性にとっては「可愛いな」と思うようです。年に1回あるかないかのエッチ後に、「もっとしないとね(嘘)」という旦那の言葉にも、「はーい、100年後に待ってまーす!」と軽く流した方が、重たくなく、男性としては嬉しいようです。

普段のさりげないボディダッチを増やす

セックスレスの期間が長ければ長いほど、喧嘩は増え、冷戦になることも少なくないので、相手へのスキンシップも極端に減ってしまうと思います。

大事なのは、さりげなく触れること。

「シャツ、よれてるよ」とか、レストランでメニューを選ぶ時にさりげなくメニューを持つ相手の手に自分の手を重ねて一緒に見るフリをするなど、ちょっとしたスキンシップを取ってみてください。無理に触れば拒否されてしまうかもしれませんが、ほんのちょっとしたことであれば嫌な印象は受けません。特に骨が多い部分、例えば肩やヒジ、膝、手の甲などは、肉の部分を触られるよりは嫌な印象を受けにくいため、オススメです!

追いかけさせる状況を作る

男性が原因でセックスレスになってしまっている場合、相手に自分のことを「女」として見てほしいので、ボディクリームを一生懸命塗ったり、下着を変えたりと、いろんなことを試すと思いますが、その状況では自分が旦那を追いかけてしまっているので、相手にとっては「重たい」と感じることもあるようです。

大切なのは、相手に追わせる状況を作ること。

セックスレスの女性であれば誰もが経験すると思うのですが、「あなたが相手にしてくれないなら、他の人に身体を求めても良いんだね?」と聞くと、「それされたら気が狂いそう」と言う答えが高確率で返ってきます。「相手にしてくれないのに、他の人とはダメって、意味がわからない!」と思うのですが、逆に考えれば、旦那も他の人にあなたを取られるのは嫌なのです。

そこであえて、何もないけど違う男性と食事に行ったり、休みの日に気分上々でお出かけしてみるなど、「あなたいなくても楽しいよ」と言う状況を作ると、「俺の女なのに…」とヤキモチに近い嫉妬を感じるようになります。

私の場合、いつも以上にオシャレして出かけるようにしたのですが、「今日は誰と会うの?」「どこに遊びに行くの?」と、旦那から聞いてくる回数が増えていきました。予定を教えないというのも、1つの手だと思います。あなたがどこで何をしているのか?ということがわからなければ、気になって聞いてくる可能性が高くなります。

女性であっても、追う恋に惹かれてしまうもの。男性に対しても追うのではなく、追わせるような状況を作ってみてください。

セックスの時間を短くする

これは上述の通りですが、セックスレスになる男性はちょうど出世のタイミングと重なることが多く、セックスに対してかなりハードルが高くなってしまっています。私と旦那は付き合い始めた頃から1回のセックスの時間は2時間ほどとかなり長かったので、旦那にとってはセックスが苦痛に感じていたようです。帰ってきたら疲れていてすぐに寝てしまうことが多かったので、まずはそのイメージから変えた方が良いんじゃないかなと思いました。

「前戯、しなくても良いよ?」「3分エッチって、知ってる?」

と、軽く促してみたのですが、「でも、ちゃんと濡れるの?」と少し興味はあるようでした。その日の夜はセックスできませんでしたが、それがきっかけで、淡白ながらもセックスの回数は徐々に増えていきました。

旦那の精神的負担を軽くする

これも上述の通り、旦那はストレスの多い仕事に就いていました。出世して経済的余裕を確保したいという思いから少し無理をしていたようで、家庭内のことを考える余裕はないようでした。私も妊娠を気に勤めていた人材系の会社を退職し家庭に入ったため、旦那の稼ぎはそのまま家庭の支えになっていました。

「もしこのまま旦那が無理をして身体を崩しでもしたら、うちはどうなるのかな?」

ある日こんな漠然とした不安が私の頭を覆うようになりました。セックスレスで相手にされないこともあいまって、「どこかのタイミングで自立しなければ、私は生きていけなくなってしまう」と考えるようになりました。その後在宅できる仕事はないか探し、ライティング業をやりながら、ブログを立ち上げ、月に40万円ほどを稼ぐことができるようになりました。40万円って、相当大きな額ですよね。でも、正直、お金の大きさは関係ないのだと思います。5万円でも1万円でも、はたまた1000円でも、「あなた1人で背負う必要はないからね」という気持ちを見せるだけで、救われるものがあるのだと思います。

私が稼ぎ出したことで旦那にも心の余裕ができたのか、そのままストレスを感じながら職を続けることに疑問を持ち始めました。

「俺、仕事辞めよう思う」

最初聞いた時は、ドキッとしたのですが、

今まで大事にできなかったものを、これから大切にしたいと思う

理由を聞いた時、「満足?」と言われた時のことや、ボディクリームを必死に塗っていた時の自分を思い出し、これまで抱え込んでいた気持ちや想いが溢れ、涙が止まりませんでした。

旦那に余裕ができたことでセックスへの意識も回復。ようやく私は、長くて暗いセックスレスの牢屋から飛び出すことができました。

セックスレスの期間は本当に辛くて、いっそのこと離婚したいと思ったこともありましたが、旦那を信じ、頑張って良かったと思っています。

この記事がセックスレスに悩む多くの女性の背中を、そっと押すものであることを、心から祈っています。

セックスレスが死ぬほど辛いあなたへ。

あの人のことを愛しているから、セックスレスが辛い。

付き合い始めは、頻繁に求めてきてくれたのに、
今となっては、私のことを女性として見てくれてない。

セックスレスで一番辛いことは、一緒にいるのに心が離れていること。
いつも一緒にいるからこそ、そこに愛情を感じることができないことが、とても辛いですよね。

失恋とはちょっと違うけれど、愛情がない単なるルームメイトのように感じてしまいます。
夫婦やカップルといった形だけが存在していて、実際には、愛がない空っぽの状態。
もう一度、あの頃に戻って愛し合いたい。

セックスレスで悩むあなたにもおすすめのメールマガジン『失恋クローバー』

セックスレスで辛い。
もう一度、あの頃のような純愛がしたい
旦那さんともっと愛情を深めていきたい

まずは、お一人でお読みいただくことをオススメします。
その後、可能ならば、あなたの大切な人と一緒にお読みください。

今一度、あの頃のような純粋で淡い恋の物語を思い出させる内容になっています。
あの人との心の橋渡しをするメルマガ『失恋クローバー』へは以下から参加できます。

 

3000人以上の失恋相談から生まれた
たった10日で失恋の傷を癒し、復縁を成功に導くメールマガジン

失恋から立ち直った、私のストーリーが漫画になりました。下のボタンをタップで続きが読めます。


9 件のコメント

  • 自分に当てはまることがたくさんあり、旦那さんに求めすぎてるな…と反省も気づくことができました。
    ありがとうございます。

    • えみさん、コメントありがとうございます。求めすぎる気持ちもわかります。好きだからこそ、色々と求めてしまいますよね。旦那さんと良い関係が続くことを望みます。

  • レスで悩んでおり、こちらの記事を拝見させていただきました。隣で彼が寝ている時に読んでしまい、今も涙が止まりません。(笑)
    私は20代前半、彼が一回り上という年の差カップルで、彼に性欲がないというただ一つの原因で深く悩んでいます。やっぱり、好きだからこそつらいです。しかも婚約や結婚もしていないので、不安がたくさんあります。これをきっかけに別れる、なんてことを考える自分の事が嫌いです。原因がシンプルなだけに対処法に困り、ずっとどこか満たされない気持ちで本当に辛いですが、記事ではハッピーエンドだったので、それだけが救いです(笑) 末永くお幸せにいれますように。

    • 蟻さん、コメントありがとうございます。年の差カップルのセックスレスは確かに多いですね。特に男性が年上の場合です。男性は基本的に年齢を重ねると性欲は落ちていきます。お褒めの言葉ありがとうございます!蟻さんも早く解決できることを祈っています。

  • すごく共感してしまいました。
    けれど私たち夫婦は、お互い素直になれず、
    喧嘩は多くなり、苦しくて辛くて限界でした。
    別居状態です、離婚したいです。
    これは逃げなんでしょうか

    • るかさん、コメントありがとうございます。私個人的には離婚は逃げではないと思います。もし、お互いが冷めた状態で修復不可能なのであれば、離婚して新しい人生を歩むべきです。離婚することで、新しい何かを切り開くことができることもあります。ですが、元は愛し合った二人ですので、寂しい気持ちになることもわかります。どちらにしても、一度、旦那さんと素直な気持ちでしっかり向き合って見ることは大切だと思います。良い方向に進めることを応援しています!

  • 私は27で彼は46なので
    彼も仕事で疲れている時は
    全然やってくれないし
    いつも誘うのは私から。
    この歳になると性欲がないし
    1週間に1回で充分と言われます。
    私が性欲強くて、、
    彼もついていけないと言われます
    私も女としての魅力がないのかなと
    悩み本人と話し合ってますが
    身体がついていけないと。。
    最初はそうじゃなかったのに
    2年経ちますがこんなに変わってしまうなんて
    寂しいです。
    私は自分なりにエステに通ったり
    して努力もしてるのに
    彼は全く私に興味無いみたいで
    片思いしてるようで辛いです。
    性交以外では家事もやったり
    助かってますが、、
    彼も自分に自信が無いみたいで
    性交のときは毎回バイアグラを
    飲ませています笑笑
    あんまり年の差があるのも
    辛いものがありますね(><)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)